• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

快盗×警察の新戦隊、キャストお披露目!レッドは伊藤あさひ&結木滉星

ルパパト

 2月11日(日)にスタートする、スーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(毎週(日) 前9・30)のキャスト披露イベントが1月12日(金)、東京ドームホテルにて行われ、キャスト7名が登壇した。

 本作は、シリーズ初となる“W戦隊”。犯罪者集団・ギャングラーに奪われた宝物「ルパンコレクション」を巡り、快盗と警察が、時に激突、時に共闘しながらバトルを繰り広げる。

 快盗戦隊ルパンレンジャーは、伊藤あさひ(ルパンレッド/夜野魁利・17歳)、濱正悟(ルパンブルー/宵町透真・23歳)、工藤遥(ルパンイエロー/早見初美花・18歳)の3人。対する警察戦隊パトレンジャーは、結木滉星(パトレン1号/朝加圭一郎・23歳)、横山涼(パトレン2号/陽川咲也・22歳)、奥山かずさ(パトレン3号/明神つかさ・23歳)の3人。ほかに、温水洋一が謎の執事・コグレを演じる。

 レッドを演じる2人は、「歴史あるスーパー戦隊シリーズに出演できて光栄です。2000年代生まれのレッドは初ということなので、作品としてもいいスタートを切れるよう頑張りたい。フレッシュな6人…6人というか、コグレさんも(笑)、頑張っていきたいです」(伊藤)、「スーパー戦隊にはたくさん元気や勇気をもらってきたので、今度は僕たちが子供たちにそれを与えられたら。そのためにも真摯に役に向き合いたいです」(結木)とそれぞれコメント。

 12月にモーニング娘。を卒業したばかりの工藤は、本作で女優デビュー。かねてから戦隊ヒロインに憧れていたという工藤は、5年ほど前に事務所の先輩・真野恵里菜にその旨を伝えたところ「5年後ぐらいに実現するんじゃない?」と言われたという。真野の予言が的中する形でヒロインに抜てきされたことに驚きつつも、「これは偶然とか奇跡ではなくて必然で、私にしかできない役だと自信を持って頑張ろうと誓いました」と決意表明。メンバーへのひそかなライバル心も明かし、「全員、一応ライバル。仲良くやりつつも、ライバル関係を持ちながらケンカしない程度に頑張りたいと思います(笑)」と闘志を燃やした。

 警察側の奥山も、工藤と同じく本作で女優デビュー。父が元警察官であることを明かし報道陣を驚かせ、「幼い頃は警察官、大きくなってからは女優という夢があったので、2つの夢を一気にかなえられたようで幸せでした」と。父から逮捕の仕方も教わったと言い、「結構スパルタでした(笑)」と振り返った。

 会見中盤には、キャストそれぞれがフリップに自分の宝物を書いて発表。濱は「『声』です。どこの現場に行っても声を褒められる」と語ったが、その後、結木が「『家族』。この仕事を続けられてるのは家族のおかげ。出演決定の時も自分より喜んでくれたし、その時、この仕事で輝いてる姿を見せられるように頑張らないと、と思いました」と100点満点の回答を。すると、すかさず「…書き直していいですか」と濱。MCから「だめです、あなたは『声」』です(笑)」と制され笑いを誘っていた。

 この日は、両チームがスーパー戦隊シリーズおなじみの名乗りを披露。温水は6人の名乗りに温かい拍手を送りながら「僕も変身したいですね…」とつぶやいていた。

 スーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』は、2月11日(日)前9・30スタート。以降、毎週(日)前9・30放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える