• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

千鳥がSTU48のかわいさに太鼓判!「かわいさも面白さも入ってる」『瀬戸内少女応援団』1・28スタート

©カンテレ

©カンテレ

 STU48の冠番組『STU48×千鳥 瀬戸内少女応援団』(カンテレ)が1月28日(日)深1・00より放送スタート。

 国内6番目のAKB姉妹グループとして2017年3月に誕生したSTU48は、1月31日(水)にメジャーデビューを控え、“瀬戸内”エリアを本拠地に活動中。そんな彼女たちが瀬戸内の良さをより多くの方々に知ってもらうため、自らロケに出かけさまざまな経験をしていく。

 番組収録後に行われた囲み取材には、MCの千鳥と、STU48の藤原あずさ、今村美月、石田みなみが出席。石田が「やっぱり緊張がすごかったです…」と収録を振り返ると、藤原も「収録はまだ慣れてないところもあって分からない部分もあったんですけど、千鳥さんとNMB48の方たちにフォローしていただきました。今後はもっともっとうまく話せるようになりたい」と。今村は「おいしい食べ物もたくさん映っていたので、自分たちのこともですけど瀬戸内の良さもお伝えできたらいいなと思いました」と振り返った。

 MCを務めた千鳥・ノブは「もう本当、アイドルさんもこういうことをしていくんだなと思いました。罰ゲームあり、ミッションありの彼女たちのかわいさだとか、面白さも入ってます!」と。大悟は「アイドルのみんながあんな罰ゲームとかやりだすと、芸人の仕事無くなっていくんやろな~って。あとはこの子たちが本当に全然芸能人っぽくない感じが見どころ」とPRする一方で、(出身地の北木島の)ロケVTRの中に両親の姿を見つけ、「久しぶりに“おとう”と“おかあ”が元気にしてるのを見れて良かった!」と喜んでいた。

 初回放送はSTU48メンバー9名が3チームに分かれてご当地ロケを敢行、広島・岡山・兵庫の3県にまたがって指令をこなす。藤原あずさ、張織慧、森香穂は、千鳥・大悟の生まれた島である北木島(岡山県)へ。今村美月、薮下楓、石田千穂は、広島の街で遠距離恋愛中のカップルを探し出し、そのカップルにまつわる“心温まる”恋愛クイズを作成し、スタジオのメンバーに出題。石田みなみ、田中皓子、峯吉愛梨沙は、淡路島(兵庫)で神の手を持つ達人が作る“神の手グルメ”と、スーパーで手に入る“激安グルメ”の食べ比べを。スタジオにはNMB48メンバー・渋谷凪咲、沖田彩華も登場する。

『STU48×千鳥 瀬戸内少女応援団』は1月28日(日)スタート。カンテレほか、瀬戸内エリア(テレビ新広島・岡山放送・テレビ愛媛・山陰中央テレビ・高知さんさんテレビ)でも深1・00から同時放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える