• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

吉岡里帆「このドラマに全てを懸けます!」初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』1・16スタート

きみ棲み

 吉岡里帆が連続ドラマ初主演を務める『きみが心に棲みついた』(TBS系 毎週火曜 後10・00)が本日1月16日スタート。

 天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」をドラマ化した本作。吉岡演じる自分に自信が持てないOL・今日子(通称:キョドコ)が、漫画編集者・吉崎(桐谷健太)と大学時代の先輩で、忘れられない男・星名(向井理)との間で揺れ動く、一筋縄ではいかない奇妙で歪な三角関係ラブストーリー。

 放送に先駆けて行われた制作発表には、吉岡をはじめ、桐谷健太、石橋杏奈、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香、向井理が出席した。

 吉岡は「とても緊張している中、優しくてあたたた…ん?え?あたたたか…(笑)。温かい皆さんに囲まれて、本当に幸せな撮影時間を過ごしています。緊張しすぎておなかが痛いです(笑)」とあいさつ。「本当に斬新ですごく攻めてる作品」と本作の印象を語った桐谷は「あまり見たことのないドラマになっていますし、僕もここまでモテる役は初めてで、やっと世間が気づきだしたかと思っています」と笑いを誘った。

 吉岡をはじめ、多くのキャスト陣が今日子のストリップシーンを含めた星野との過去場面を“印象的な、自分の心に棲みついたシーン”を挙げる中、向井は「過去の爽やかな頃の星名を忘れないでほしい。当時からちゃんとは笑ってないかもしれないけど、純粋なところがあるからこそ今日子が取り込まれていくという意味では、僕としては自然に演じられたところ」とコメント。「星名さんはすごくひどい人なんですけど、飯田として星名がすごく好きなんだなって」と星名側だという石橋に、「ありがとうございます。唯一の味方だ」と笑顔を浮かべた。

 また、会見終盤には1月15日が25歳の誕生日である吉岡をサプライズでお祝い。向井と桐谷がケーキを運んできたことに気づき、「びっくりしました。こんなにたくさんの方にお祝いしてもらうのは初めてです。心からありがとうございます!」と驚きつつ、「1月16日火曜よる10時スタート、みんなで一生懸命作ったので絶対いい作品になっているので、日本全国の皆さん見てください!」とPRも忘れずにろうそくを吹き消した吉岡。25歳の豊富を問われ、「初めての主演ドラマ、この作品に全てを懸けたい。猪突猛進に誠実に真っすぐに、この仕事と向き合っていきたいと思っています!」と気合を入れていた。

『きみが心に棲みついた』(TBS系 後10・00)は1月16日スタート。初回15分拡大スペシャル。

公式サイト http://www.tbs.co.jp/kimisumi/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える