• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢口真里、ももクロ・有安杏果の卒業に「普通の女の子に戻りたい気持ちも分かる」

『矢口真里の火曜The NIGHT』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『矢口真里の火曜The NIGHT』が1月16日に放送された。

 オープニングトークでは、先日発表されたももいろクローバーZ・有安杏果のグループ卒業の話題に。年末に行われた『ももいろ歌合戦』で共演したばかりの矢口は、「あれだけのスターなのにもったいない。でも、普通の女の子に戻りたい気持ちも分かる」と、アイドルとしての思いにも共感した。それを聞いた元巨匠の岡野陽一が「あの有安さんのコメントを見て、やぐ姉も(普通の女の子に戻りたいと)思ったことあるのかなと思って」と聞くと、「アイドルあるあるだと思いますよ。だって時間もないし、恋愛もできないし。ふと立ち止まった時にゆっくりしたいとか、そういう気持ちが芽生える」と語った。さらに矢口は「私はやめようとなんて思ってなかった、そんな勇気がなかった。だから、先に週刊誌に撮られちゃったみたいな。順番間違えちゃった」と笑いながら話した。

 そして最後に「5人中1人抜けるってなかなかの勇気が必要、大きな意思を持って考えた結果だと思う。まだ若いから、いつ戻ってきてもいいんじゃないかな。いつかまた5人の姿を見たい」と語った。

 さらに“アイドル卒業”つながりで、3月にグループ卒業を発表したBiSのリーダー、プー・ルイや、先日解散が発表されたGEMの話題に。矢口は「(卒業)多いよね…さみしいよ!」と、次々に卒業していくアイドルたちにメッセージを送った。岡野も、先日一緒に仕事をしたばかりのアイドルが活動休止になったことを明かし、「この前まで、一緒に頑張りましょう!っていう感じだったのに不思議な感じ。芸人とかだと、公表する前に先輩とかにあいさつ行ったりするから」と、芸人とアイドルの違いに困惑する様子を見せた。

 それを聞いた矢口は「モーニング娘。もギリギリまで言わなかったりしましたよ。バレちゃう可能性があるのと、リアクションを大人の方たちが撮りたいから」と話し、「うちは基本的にプライベートの時間もずっとカメラが回っている状態だから。何かあると会議室みたいな所に集められて、そこにカメラを持った大人たちが雪崩のように入ってきて、メンバーの卒業を聞かされる。毎回ビックリだし、寂しいし、ショックだった」と、モーニング娘。時代の気持ちを明かした。

 今回は、4人組アイドルグループ・notallがスタジオに登場。矢口の大ファンというメンバーの渡邊ちこは、大好きな矢口に近づくためにと、矢口の特技である“ハートの口”を習得したことを語り、矢口と一緒に披露した。さらに、当時購入したという矢口のファースト写真集を出すと、矢口は「やめて~、めっちゃやばい」と照れた様子で「すごい金髪…眉毛の細さが時代を感じるよね」と当時を振り返った。

 “世界のみんなと一緒に育てる、次世代型ソーシャルアイドル”というコンセプトで、これまでにグループ名やニックネーム、グッズや衣装デザインまでも “公募”で決定しているというnotall。楽曲の募集を行った際には、日本だけにとどまらず、9か国語ほどの楽曲が送られてきたことを明かした。「私もやってみたい!」と話す矢口にnotallのコンセプトを体験してもらおうということで、番組中に“notallにやってほしいライブを演出”を視聴者に公募。すると、“10曲連続同じ曲”や、“お客さんの中にウォーリーが紛れ込んでいる”“曲中にメンバーが変顔をする”など、さまざまなアイディアが寄せられ、「これは面白いね、やってくれるなら応募したくなる」と矢口も楽しそうに参加した。

AbemaTV『矢口真里の火曜The NIGHT』
放送日時:毎週火曜 深夜1時~3時(生放送)
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

次回放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9XBk5VpTRHf7hh

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える