• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

磯村勇斗、主演舞台決定!音楽は古舘佑太郎が担当

磯村勇斗 連続テレビ小説『ひよっこ』の“ヒデ”こと前田秀俊役で人気を集めた俳優・磯村勇斗の主演舞台「hammer&hummingbird」(ハンマー アンド ハミングバード)が、2月28日(水)より、東京・すみだパークスタジオ倉にて上演されることが決定。磯村にとっては5年ぶりの舞台出演となる。

 本作は、脚本家・演出家・俳優の濱田真和が率いるコミュニティ、Superendroller(スーパーエンドローラー)プロデュースの完全オリジナル作品。磯村勇斗演じる現代詩人・中村泳(なかむら・およぐ)の半生を描き、〈夢と現実〉や〈生と死〉の狭間で孤独に揺れ動く心の葛藤や、答えを探し求め過去の記憶と共に放浪する様子を捉えた喪失と再生の物語。

 音楽は、俳優としても活躍する古舘佑太郎が所属するロックバンド・2(ツー)が担当。古舘は『ひよっこ』で和菓子屋の一人息子・柏木ヤスハル役を演じており、磯村との共演も記憶に新しい。

 磯村は、5年ぶりの舞台に「正直、不安がありました」としつつも、「脚本を読ませて頂いた時、率直に『泳』の役を全うしたい。そう感じる程、泳、そして濱田さんの描く世界に惹かれました。今自分にあるものを全てこの作品にぶつけ、ある意味自分自身の『再生』でもあるので、舞台上を放浪し、その先へと歩んでいきたい」と決意を語っている。

「hammer&hummingbird」は、2月28日(水)~3月4日(日)、東京・すみだパークスタジオ倉にて上演。

<磯村勇斗コメント全文>

今回この作品が決まった時、正直、不安がありました。約5年振りの舞台…
でも、脚本を読ませて頂いた時、率直に「泳」の役を全うしたい。
そう感じる程、泳、そして濱田さんの描く世界に惹かれました。これから稽古が始まりますが、濱田さん、キャストの皆さんとご一緒に作り上げていくのが楽しみです。今自分にあるものを全てこの作品にぶつけ、ある意味自分自身の「再生」でもあるので、舞台上を放浪し、その先へと歩んでいきたい。

「hammer&hummingbird」

<STAFF>
企画:Superendroller LIVE “scene04”
脚本・演出:濱田真和(Superendroller)
音楽:2
照明作家:渡辺敬之(仕立て屋のサーカス/tremolo)

<CAST>
磯村勇斗、高山璃子、新井郁、小林英樹、島田惇平、石川瑠華、光根恭平、山田真由子、市場紗蓮、白磯大知、田中沙季、舩木勇佑、李佳、濱田真和

会場:すみだパークスタジオ 倉|THEATER – SOU

<公演スケジュール>
2月28日(水)~3月4日(日)

2月28日(水)19:00
3月1日(木)14:00/19:00
3月2日(金)19:00
3月3日(土)13:00/18:00
3月4日(日)正午/16:00
以上、計8公演予定

<チケット>
一般前売り¥4000、当日¥4500
全席自由席、税込価格

〈予約スタート〉
1月31日(水)正午

公演HP または、各タレントのサイトを参照。
※予約は先着順。

HP:http://superendroller.com/?page_id=2703

制作協力:U.F.O.カンパニー
企画制作・プロデュース:Superendroller 濱田真和

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える