• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

チュート徳井ら“グレイテスト・よしもと・ショーマン”がダンスを生披露

『グレイテスト・ショーマン』 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル・エンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』と吉本興業がコラボ動画を制作することが決定。その発表会見がビルボードライブ東京で開催され、チュートリアル・徳井義実、トレンディエンジェル、尼神インター、南海キャンディーズ・しずちゃんが登場した。

 ヒュー・ジャックマン演じるP.T.バーナムは、アメリカのショービジネスの原点を築いた伝説の興行師。そして吉本興業の創設者である吉本せいは、日本のエンターテインメントの礎を築いたエンターテイナー。そんな共通点を持つ『グレイテスト・ショーマン』と吉本興業のタッグに、“グレイテスト・よしもと・ショーマン”団長として、バーナムの衣装を身にまとった徳井は「本作の主人公は伝説の興行師ですが、吉本興業も100年続く興行会社なので、いろんな個性を集めてやっているという意味では本作とすごく似ていますよね!よしもとはサーカスみたいなものです」と。映画については「正直、ミュージカル映画ってそんなに得意ではないのですが、すごく見やすくてストーリーがシンプルだから演出がすごく効いてましたね!気づいたら3、4回泣いてました!」と熱く語った。

 尼神インターの誠子が「ヒュー・ジャックマンがとにかくかっこいい!映画を観てから毎日、画像検索しています!」と話すと、渚はゼンデイヤが演じる空中ブランコのシーンを挙げ、「私は大工出身なので、あんな高いところでパフォーマンスするなんてすごい!」と独特な目線で称賛した。

 トレンディエンジェルのたかしは「映画の内容はもちろん、やっぱりミュージカルシーンですよね!盆と正月が一斉に来た!という感じ!」、斎藤は「僕は結婚したばかりなので、家族のために頑張る主人公に共感を覚えて、試写のあと『This is Greatest Show~♪』と奥さんに抱きつきましたよ。嫌がられましたけど…」と告白。

 しずちゃんは「ミュージカルシーンが圧巻!見た目が特徴的な人々がショーに出てくるのですが、コンプレックスを持った人が居場所を見つけるところにすごく共感できる!」と興奮気味に語り、笑いを誘った。

 会場ではコラボ動画のメイキング映像が公開され「夜中の12時近くまで撮影をしていて、40~50テイクも撮って、斎藤さんは軽い貧血になっていた!」と徳井が撮影の苦労を明かすと、すかさず渚が「斎藤さんは自分でアレンジしてうざかった」と裏話を披露した。

 コラボ動画には、登壇メンバー以外にも、椿鬼奴、しずる、ジャルジャル、マテンロウ、ピスタチオも参加しており、映画の登場人物さながらの個性的なメンバーがそろったが、撮影では「ダンスが苦手なジャルジャルの後藤が一番ひどかった!あんまり練習もしてなかったぞ!」という暴露も飛び出した。

 最後に、主題歌「This Is Me」が会場に流れると、スタッフに扮していたダンサーがステージに登場、徐々に増えて踊りだす。“グレイテスト・よしもと・ショーマン”は「え?なになに?聞いてないよ!」と驚きを隠せない様子だったが、ダンサーと共に息の合ったダンスをサプライズ披露した。

 猛練習の結果を披露できた徳井は「やっぱり体が覚えてますねー!」と感想を。「渚は一番踊れないのに一番、笑顔で踊っている」とメンバーに褒められた渚も「久しぶりに踊って楽しかった!」と満足気。しかし、斎藤だけは「リズムが狂っちゃって、一番下手だった…」と悔しがり、会場を盛り上げた。

 最後に徳井は「僕たちのダンス動画は2月1日より配信予定です。まずは我々のダンスを見て、そのあと映画を観てください。いかにキャストの皆さんのダンスがすごいか分かると思います!」と呼びかけた。

『グレイテスト・ショーマン』
2018年2月16日(金)全国ロードショー

監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロン

配給:20世紀フォックス映画

©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える