• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大根仁&渋谷直角が解説!「民生ボーイと狂わせガール」特典コメンタリー収録レポート

映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のBlu-ray&DVDが、3月14日(水)に発売。Blu-ray豪華版の特典ディスクには、撮影現場に密着したメイキング映像やイベント映像集などの特典映像が収録される。

 本作は、大根仁監督が人気コラムニスト・渋谷直角の人気コミックを映画化。“力まないカッコいい大人”=奥田民生に憧れる雑誌編集者・コーロキ(妻夫木聡)が、男を狂わすファッションプレス・天海あかり(水原希子)にひと目ぼれし、恋の喜びや絶望を味わい、もがき苦しむ姿を描く、最狂にポップで、かつてない恋愛エンターテインメント映画。

 Blu-ray豪華版の特典となる大根仁監督と原作者・渋谷直角によるオーディオコメンタリーの収録が行われ、2人が映画を観ながらシーンごとの裏話や細かな設定などを解説した。「モテキ」や「バクマン。」など、人気コミックの映画化も得意な大根監督は「原作の絵によって、実写にしやすい原作とそうでないものがある。この作品はどちらかと言うと後者で、どうやって膨らませればいいのか、“オシャレパーティー”って書いてあるけど、絵ではあまり詳しく表現されていなくて、『どんなパーティーだろう?』って、大変でしたよ」と言うと、「(パーティーの)イメージに合っていますけどね(笑)」と渋谷がフォロー。

 水原演じるあかりが放つ言葉や態度について語り合う2人。大根監督が「2人ともファッションプレスには痛い目に遭ってるよね」と話すと、渋谷は「痛い目に遭うほど近づけないですよ」と言いつつも「プレスの人は愛想がよくて、すごくよくしてくれるし、勘違いしてしまう男性は多いはず」と分析した。

 また、「思いがけないところに地雷がある」「地雷を踏んでしまったら、最後。ほとんど言いがかりでむちゃくちゃな理詰めでくるから黙っている方がいい」「でも黙っていると“なんで黙っているの!”って言う」など本音が炸裂。大根監督が「女子の特徴だと思うんだけど、勝手な記憶の改ざんがあって、“こう言ったよね!?”とか言って絶対に譲らない」と不満を漏らすと、渋谷も「男はガマンするしかない」と続けた。

 さらに、妻夫木演じるコーロキが仕事で約束の場所にいつ向かえるか分からない状態になっている時のあかりとの電話シーンになると「あーこの電話やだ!」と大根監督。元雑誌編集者で不規則な仕事をしていた渋谷は「こんな電話は歴代(の彼女)、いつもでしたよ。いつ終わるか分からない仕事でも、頑張る、としか言えない」と。しかし「いつ終わるか分からない、と言われることは、かなりのストレスみたいですね」と女子側の気持ちもフォローした。

 最後に本作の見どころについて渋谷は「大根作品はいつもそうだけど、細かいところまで、ネタやディティールに凝っている。そして、何より妻夫木聡さんの表情が素晴らしい。その“顔”だけで全て持っていける感じがあってすごい」と。大根監督は「水原希子さんの今現在のいいところは全て撮りきったつもり。何年経っても、何度観ても、この映像に刻まれている」と、妻夫木と水原を絶賛した。

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』
3月14日(水)Blu-ray&DVD発売
3月7日(水)よりBlu-ray&DVDレンタル開始

■Blu-ray豪華版
¥6,800(+税)

本編ディスク
<特典内容>
・予告編集(特報/予告/TVスポット)
・オーディオコメンタリー(大根仁監督×漫画原作者・渋谷直角)

特典ディスク
<特典内容>
・メイキング
・イベント映像集
<封入特典>
・渋谷直角先生描き下ろし漫画『外伝・美上ゆうの仕事術』掲載フォトブック

■DVD通常版
¥3,800(+税)

本編ディスク
<特典内容>
・予告編集(特報/予告/TVスポット)

発売元:ソニー・ミュージックマーケティング
販売元:東宝

©2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える