• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

過去最高の“爆釣”!大間のマグロ漁師たちの激闘に密着!人気ドキュメント最新作2・18放送

『マグロに賭けた男たち2018 真冬の激闘!巨大マグロで一攫千金!!』 青森・大間のマグロ漁師たちに密着するテレビ朝日系『マグロに賭けた男たち2018 真冬の激闘!巨大マグロで一攫千金!!』が、2月18日(日)午後6時から放送される。

 2003年にスタートした人気ドキュメントシリーズ。今シーズン密着したマグロ漁師たちの釣果は総本数37本、総重量にして3085キロを記録。過去最高の“爆釣”の瞬間を撮影した。

 注目は、16年にわたり番組が追い続けている山本秀勝さん(64歳)。3年もの間マグロが釣れなかった“悲運の漁師”だ。プライベートでは妻と離婚。生活苦の中、男手ひとつで息子2人を育て上げた。3年前には長男の剛史さん(32歳)も反対を押し切り、父と同じマグロ漁師の道へ。剛史さんの手前、奮起した秀勝さんは昨シーズン、4年ぶりに100キロ超の巨大マグロを釣り上げることに成功。父の意地を見せた。

 しかし今シーズンの秀勝さんは、思うようにいかない様子。一方、剛史さんは念願のマグロ一本釣りに初挑戦し、悪戦苦闘する。

 さらに、南芳和さん(33歳)、竜平さん(24歳)の兄弟漁師が初登場。芳和さんは以前から若手ナンバー1として一目置かれ、今シーズンも1、2を争うほどマグロを釣り上げている。これまで他局も含め、取材依頼はすべて断っていたが、今回初めて許可。カメラの前で、竜平さんと共に1日に何本ものマグロを仕留めてみせる。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える