• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「坂道のアポロン」知念侑李&中川大志イチャイチャ止まらずバックハグ

「坂道のアポロン」完成披露舞台あいさつ 映画「坂道のアポロン」(3月10日(土)公開)の完成披露舞台あいさつが行われ、知念侑李、中川大志、小松菜奈、真野恵里菜、中村梅雀、三木孝浩監督が登壇。知念がピアノ、中川がドラムの生演奏を披露したほか、2人が小松の誕生日をサプライズで祝福した。

 本作は、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位に輝いた同名マンガを映像化した青春映画。主人公の孤独な青年・薫(知念)が、転校先の高校で一生ものの友達や恋、そして音楽に出会い、自ら人生を切り開いていく10年を描いた感動作。主演の知念は、本作で映画単独初主演。

 親友役を演じた2人は壇上でも仲むつまじい様子。中川はドラムの練習合間に知念と頻繁に連絡を取り合っていたことを明かし、順調に楽器をマスターする知念に対し「焦りました」と。その言葉を遮るように知念も「こっちもすごい焦って…」と話すと、「でもプロデューサーの方も知念君がいないとこでほめてたよ」(中川)、「いやいや、大志君のこともすごいほめてて、ヤバイなって思ったよ」(知念)と褒め合い合戦が。際限のないやりとりに、三木監督も「仲よすぎ!(笑)」とツッコミを入れていた。

 ヒロインの小松も、そんな2人の現場でのコンビネーションについて、「視線が熱い! もう目線がイチャイチャしてて、何だコレは!って思った時もあったんですけど(笑)、お互いを高め合っていいものにしていこうっていうのがすごく伝わってきました」と絶賛。当の2人は「(イチャイチャ)してないよね~!?」と“熱愛疑惑”を否定しながらも、じゃれあうようにボディタッチ。さらには「かわいいネクタイだね」(中川)、「かわいい靴下だね」(知念)と再び褒め合いが始まり、会場が爆笑に包まれた。

 この日は、2人が劇中で披露するジャズの名曲「Moanin」を生でセッションするコーナーも。セッションは撮影以来、約半年ぶりということで、知念は「(壇上のドラムを見て)あれは飾りですよね!?(笑)」「ずっと手汗がびちょびちょ…」とソワソワ。しかし、いざ始まると、2人は目線を交わしながら息ぴったりの演奏を披露。曲の途中からは、2月16日に22歳の誕生日を迎える小松を祝福するため、サプライズでバースデーソングまで演奏。舞台袖からはバースデーケーキも登場し、小松は「まさかすぎてうれしすぎます!」と大感激。

 演奏を終えると、感極まった中川が知念にバックハグ。ファンたちの悲鳴に包まれながら、2人は互いの健闘を讃え合っていた。知念は「コレ(サプライズ)があったからすごい緊張したの!劇中でやってない曲を演奏するっていうのは初めてで」と小松に説明しながら、「久しぶりに(中川と)目を合わせて演奏すると熱くなるものがあった」と。中川も「目が合うたびにキュンキュンするんです(笑)」と応じ、最後まで2人の世界を楽しんでいた。

 最後に知念は「どの世代にでも通じる大切なものが詰まった、心に詰まる作品。大切な人とぜひ見に行ってほしいです」とPRを。

 映画「坂道のアポロン」は、3月10日(土)公開。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える