• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

指原莉乃、ブラマヨ吉田敬のツッコミに大慌て「さすがに局内ではやらないですよ!」

『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#40が2月6日に放送された。

 2月6日は、エロメンの月野帯人、東惣介、モデルの山ノ内ジャン、ベーシストのITARU、シンガーソングライターのしんどうたくみら個性的な10名のサイテー男たちが登場。

 「サイテー男の手の内を明かしますSP」として、サイテー男たちのテクニックについて、いろいろと質問をしていくことに。「女性のスイッチを入れるテクニック」では、ベーシストのITARUが「SNS作戦」と発表。「これは、その日バーで会ったような関係の浅い人にも使える。まず、会ってすぐに相手がSNSをやっているか聞く。女の子だと、ファッションを参考にしている芸能人のリツイートや、“いいね”をしている。それを最初にチェックしておいて、何げない会話の中で、『雰囲気が○○さんに似ているよね』とか、『オーラが○○さんっぽい』とか、(相手が参考にしている芸能人の名前を上げて)適当なことを言う。そうすると、(相手は)悪い気はしないので、『私、その人に近づいているかな?』という錯覚をさせて、さらにお酒の効果で気分を良くさせて、そこから深いステップにいける」と、SNSを使った「女性のスイッチを入れるテクニック」を披露した。

 指原莉乃は「うわ、すごいわ!これは良いですよ。だって、(好きな)芸能人に似ているとか、雰囲気が近いとか(言われて)、絶対悪い気しないじゃないですか」と太鼓判を押し、吉田敬も「なるほど!賢いな」と、ITARUのテクニックに感心した。

 「非現実のシチュエーション」と発表したシンガーソングライターのしんどうは、狙っていた看護師となかなか男女の関係になれなかったのに、閉鎖病棟というありえないシチュエーションで告白したら、その場所で男女の関係になれたというエピソードを披露。指原が「やっぱ、そうなんだ」と話すと、すかさず吉田から「やっぱ、そうなんだって言うことは?」というツッコミが。慌てた指原は「違う!違う!違う!(願望じゃなくて)私も予想していたんです。そういう非現実なシチュエーションで、そうなるんだろうなって。さすがに局内ではやらないですよ!」と否定したが、ブラックマヨネーズの2人から「現実にはならなくても、想像では、『あるかもな』って考えを持っていた可能性がある」と問い詰め、「ない!ない!あーもう…。本当に発言気をつけます」と反省した。

 続いてのテーマ「一か八かの最終奥義」では、どうしてもオチない女性に使う最終奥義をサイテー男たちが発表。モデルの山ノ内は「どうしてもという時には、ダーツバーを使っています」と話し、最初はわざとギリギリで負けて、相手に勝てると思わせておいて、次に“キス”を賭けたり、“一緒に帰ろう”と、徐々に要求のハードルを上げていき、それによって最終的に女性のガードが下がって、さらに“負けたから”という言い訳も与えられ、無理そうな女性でもオトせるというテクニックを披露する。

 山ノ内の説明を聞いていた吉田は「最初向こうに勝たせて、向こうがノッてきた時に、こっちが勝つ。そのやり方って、闇カジノと一緒って知っていた?」とツッコみ、スタジオを笑わせた。

 さらに番組では、ホストや俳優、料理人など、さまざまな職業のサイテー男たちが「一か八かの最終奥義」を披露した。

AbemaTV『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』
放送日程:2月6日(火)
放送時間:毎週火曜 後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

2月6日放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/AkyYrK1mnZhEX1
※過去の放送回は、Abemaビデオで無料で視聴可能

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える