• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

手島優がスタッフの雑な扱いに鬼ギレ「“いるだけでネタだから”って」

『必殺!バカリズム地獄』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『必殺!バカリズム地獄』♯36が、2月9日に放送された。

 この番組は“ヤンキー鬼”に扮したバカリズムが、さまざまな女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。

 2月9日は、ゲストにグラビアアイドルの手島優、葉加瀬マイ、日本舞踊家の五月千和加、モデルの加藤ナナが登場した。

 街行く人の「(化粧など)いちいち細かくいじってくるな!セクハラだからな!」の“鬼ギレ”エピソードに対して、五月は「私は、この業界にいるので、全然なんとも思わない。おじ様とか、お姉様ばかりなので、容赦なく(言葉で)突っ込まれるから、それで育ってきているので。逆にざっくばらんに指摘してくれてうれしい。だからセクハラまがいなことも慣れている」と。

 すると、葉加瀬は「グラビアの現場って、セクハラ発言バンバンですよ!(夜を)想像させるものを撮っているので、Sなカメラマンだと「マイちゃんは、どこが感じるのかな?」とか、そういう発言をしてくる。普通に雑誌の撮影で。それを言われて、私が恥ずかしがっているのを撮るんです」と怒りをあらわにした。

 さらに街行く人の「(SNSで)コソコソ隠れて誹謗中傷するな!卑怯者!」では、葉加瀬が「私、デビューしたての頃に、アメーバブログで毎日ブログを書いていたんです。それで、毎回いつも同じ人が、『お前、その腹で水着着るのかよ』とか、皮肉を込めたアンチなコメントを毎日書いてきていて、でも若干私のことを知っていそうな雰囲気があって…。そういうことに詳しい人に、(相手を)突き止められるのか相談したんです。それで、当時、私を口説いてきている人がいて、一緒にご飯に行った時に、『毎回アンチなコメントがきて、それがストレスだから、今度突き止めてもらうんだ』って言ったら、『ごめん、それ俺』って言われた。私、ドン引きしちゃって、(彼が何でそういうことをしたのか)本当に分からない」と激白。それを聞いたゲストたちからは「怖い!」「ブログを止めさせたかったのかな?」「病ませて、グラビアを辞めさせようとしたんじゃない?ヤバい奴だよ」と驚きの声が上がった。

 続いて、ゲストの“鬼ギレ”エピソードを聞いていくと、五月は「私、ずっとイライラしていることがあって。狭い道でも、手を絶対に離さないカップル。あれは何なんですかね?」と発言。すると手島は「そういうカップルって、簡単に別れる気がしちゃう」と。バカリズムも「運命の出会いだと思っているから。そういうカップルは、2人を中心に世界が回っていると思っています」と話し、笑いを誘った。

 手島は「演者さんなら、まだいいんですけど、最近スタッフさんからの扱いがすごい雑」と切り出し、「この前、番組の打ち合わせをやっていたら、『手島さんはいるだけでいいから。にぎやかしで、とりあえず座っていて。いるだけで、もうネタだから』って言われた。私としては、体を張ったり、エピソードとかも話したい。(番組用に答えた)アンケートの回答も全部却下された」と怒りをあらわに。するとバカリズムから「それでお金もらえるなら最高じゃないですか。(アンケートの回答も)大したことなかったんじゃない?」とツッコまれ、スタジオに笑いが起こった。

 その他、番組では、加藤がタクシーの運転手に“鬼ギレ”したエピソード、葉加瀬がセクシーなメーテルのコスプレのまま、ロケバスに置き去りにされてしまった衝撃のエピソードなどが語られた。

AbemaTV『必殺!バカリズム地獄』♯36
放送日時:2月9日(金)後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/E2YXZbtt9DjEoq

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える