• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「キック・アス」上映イベントに話題のご当地ヒーローが大集合

決起集会には総勢10名のヒーローたちが集合!(C) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

 来年2月の続編公開を前に、「キック・アス in X’mas大ヒーローサミット!~決起集会!力がなくてもヒーローになりたい2013~」というイベントが東京・立川シネマ・ツーにて開催され、お笑い芸人のゴー☆ジャス、映画評論家の赤ペン瀧川先生、ご当地ヒーローたちが集結した。

 大ヒットを記録した「キック・アス」上映後に行われたトークショーでは、赤ペン滝川先生が「キック・アス」添削を披露。続いて赤ペン瀧川先生に呼び込まれたゴー☆ジャスは、無茶ぶりに応えて持ちネタを披露しながら「キック・アス」がいかに好きかをアピール。

 ゴー☆ジャスは特撮ヒーロー好きだけあって、「2作目にパワーが落ちる作品もありますが、『キック・アス』がそうでないことを伝えに来ました。1作目は弱さをどう克服していくかというところが見どころで、今作は1作目の感動をいともあっさりと超えて、ヒーロー軍団と悪党軍団の戦い、“X-MEN”的な盛り上がりも見せてきたし、某ヒーロー映画なんて目じゃないぜ!と言えるくらい盛り上がれる作品になっています!」と熱く語った。

 続いてゴー☆ジャスがご当地ヒーローを呼びこむと、会場はカオス状態。キック・アス、ヒット・ガールを筆頭に、ベビーカーおろすんジャー、鳳神ヤツルギとその仲間(千葉県・木更津)、ネギマン、横浜見聞伝スター☆ジャン(神奈川県横浜市)、仮面の守護者ゼロング(東京都葛飾区)、クレイヴァルス(東京都品川区)、Q(通称=そたいくん・練馬区在住)ら総勢10名のヒーローたちがゴー☆ジャスの詳しい解説とともに一堂に会し、会場は大いに盛り上がった。

 映画「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」は、2014年2月22日(土)全国公開。

映画「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」(http://kick-ass-movie.jp/)
監督・脚本:ジェフ・ワドロウ、脚本:マーク・ミラー、ジョン・ロミータJr.
製作:マシュー・ヴォーン、アダム・ボーリング、タルキン・パック、
デイヴィッド・リード
キャスト:アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリーほか
2013年/イギリス/103分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/原題:Kick-Ass2 R15+
【STORY】
デイヴとミンディはキック・アスとヒット・ガールというヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡なスクールライフを手にしていた。
しかし、卒業を間近に控えたデイヴは将来にすることが見つからず、世界初のスーパーヒーロー軍団を作り、平和を守ることを決意する。
彼はキック・アスの活躍に触発された元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプス大佐とともにヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成し、悪に立ち向かう。
しかし、そこにレッド・ミストがキック・アスに殺された父親の復讐を果たすため、マザー・ファッカーと名前を改め、姿を現す。
彼は最凶の刺客を引き連れてキック・アスを倒し、悪事の限りを尽くそうとしていたのだ。
今、ヒーロー軍団と悪党軍団の大決戦の火ぶたが切って落とされる!

公式Facebook(https://www.facebook.com/KICKASS.JP)
公式Twitter(@KICKASS_JP)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真