• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

舞台「銀英伝」最終章!河村隆一ヤン&貴水博之オーベルシュタインのパンフ撮影潜入

「銀河英雄伝 第四章 後篇 激突」ヤン・ウェンリー役、河村隆一のパンフレット撮影の様子

 舞台「銀河英雄伝説 第四章 後篇 激突」パンフレット撮影が行われ、自由惑星同盟からヤン・ウェンリー役の河村隆一、銀河帝国からパウル・フォン・オーベルシュタイン役の貴水博之が意気込みを語った。

「銀河英雄伝説」は、銀河帝国と自由惑星同盟の政治と戦争の歴史を魅力なキャラクターと緻密な戦略戦術で描いた田中芳樹のスペース大河小説。舞台では銀河帝国側を人物史的に描く2011年の「第一章 銀河帝国篇」、自由惑星同盟側を描く2012年の「第二章 自由惑星同盟篇」、両陣営の対決を描く2013年の「第三章 内乱」と、いくつかの人物史的外伝を8本上演。

 銀河帝国の英雄で“常勝の天才”ラインハルト・フォン・ローエングラムと自由惑星同盟の英雄で“不敗の名将”ヤン・ウェンリーの直接対決を描く「第四章」は、2013年末に「前篇 激突前夜」が上演され、今回2014年2月に上演される「第四章 後篇 激突」が、シリーズ10作目にして舞台シリーズの最終章となる。

 同盟軍のヤン・ウェンリー役で、原作ファンとしても有名な河村隆一は「舞台10作目にしていよいよヤンとラインハルトが直接ぶち当たります。どちらが優れた指揮官で戦術家で戦略家なのかはっきりする今回、もちろん戦いにはいろんな運命のいたずらがつきものですが、戦争嫌いのヤンとしても、尊敬する戦争の天才ラインハルトとの戦いは楽しみなんだろうなと思います。直接対決をハラハラしながら見ていただけたら、きっと楽しい舞台になると思います」と。

 舞台第1作目から帝国軍の冷徹な参謀パウル・フォン・オーベルシュタインを演じる貴水博之は「かれこれ3年間、オーベルシュタインという役とともに人生を歩んできていますが、最初にこの役をもらったときは若干自分の中で違和感を感じていました。ですが、彼の強靭な精神力というのは自分の生活でも参考になっていて…今となっては僕の人生の師匠です。最終章といういことでみんなのテンションも半端じゃないので、ぜひ劇場に見に来てください」とPR。

 舞台「銀河英雄伝説」第9弾「銀河英雄伝 第四章 後篇 激突」は、2014年2月12日(水)~3月2日(日)に東京・青山劇場で上演。チケット一般発売は、2014年1月26日(日)午前10・00開始。

舞台「銀河英雄伝説」公式サイト(http://www.gineiden.jp
※オフィシャルサイト先行を12月28日(土)~2014年1月7日(火)実施中

公式Twitter(https://twitter.com/gineiden_stage

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える