• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ヒュー・ジャックマン絶賛の楽曲をチェック!『グレイテスト・ショーマン』特別映像公開

『グレイテスト・ショーマン』 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル・エンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』から、音楽を手掛けたベンジ・パセックとジャスティン・ポールが手掛けた楽曲の一部を聴くことができる特別映像が公開された。

 主人公のバーナムは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師。妻への一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中で立ち尽くしていたエンタテイナーたちにスターになれる場所を提供し、エポックメーキングなショーを創造したことで知られている。そんなバーナムのドラマティックなサクセスストーリーを彩るのは、全9曲のミュージカル・ナンバー。

 多くのソングライターにサンプルを依頼した結果、ブロードウェイ・ミュージカル『ディア・エヴァン・ハンソン』よりもずっと前、オスカー受賞作の『ラ・ラ・ランド』より何年も前に当時新人だったベンジ・パセックとジャスティン・ポールの作品に本作の製作チームがほれ込んだという。

 「ベンジとジャスティンは、ロックとポップ、現代のブロードウェイ・サウンドを組み合わせるというめったにない才能を見せた。映画の核心をつき、感情的な高ぶる気持ちと、沈んだ感情をとらえている」と『ドリームガールズ』などでオスカーノミネート経験を持つプロデューサーのローレンス・マークは絶賛している。

「ミュージカル・ナンバーを完成させるにはほぼ3年かかった。歌を削ったし、新しい歌を付け足した」とパセックは苦労を明かす。曲が出来上がり、配役が決定すると、パセックとポールは、ブロードウェイの舞台公演のようなリハーサルを始めた。

 公開された映像では、「キャストは1度に3時間歌い続け、最高のパフォーマンスの中でもベストなものを手にすること、それにスクリーンにあふれるよう見事なエネルギーを伝えることを目標としていた」というパセックの言葉を裏付けるような熱のこもったリハーサルシーンを見ることができる。

 マイケル・グレイシー監督は「僕がこの映画で最も誇りに感じていることの1つは音楽だ。頭に残る音楽なんだ。もし彼らがやった仕事じゃなかったら、この映画はなかったね」と語っている。

「バーナムは時代の寵児だ。生きた音楽でないとね」とパセックは、バーナムの精神が音楽にも反映されていることを明かす。そしてバーナムを演じたジャックマンは、そんなパセックとポールが作り出した音楽について「素晴らしいミュージカルとは、素晴らしい音楽のことだ。登場人物たちが先へ進み、成長していると感じるからこそ、人はそれぞれ曲に感情移入できる。この映画は人生について、もっと楽しい気持ちにさせる上で、完璧な作品だ」と絶賛している。

『グレイテスト・ショーマン』
2月16日(金)全国ロードショー

<ストーリー>
妻と2人の娘を幸せにすることを願うバーナムは、オンリーワンの個性を持つ人々にスポットライトを当てた、誰も観たことが無い華やかなショーを思いつく。世界中の観客を楽しませるためイギリスへ渡ったバーナムは、女王に謁見。そこで出会った奇跡の声を持つ美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと共にアメリカに戻り、全米を魅了するショーを繰り広げ、名士の仲間入りを果たす。だが、彼の行く手には、これまで築き上げてきたものすべてを失いかねない波乱が待ち受けていた。

監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロン

配給:20世紀フォックス映画

©2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ