• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢口真里、ブス界のレジェンド登場に「コメントしづらい」『「ブス」テレビ』2・19放送

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#55が2月19日(月)に放送される。

 この番組は、おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を基に、“ブスとは何なのか”を徹底討論する。

 2月19日の放送では、“美人コメンテーター”に矢口真里、自称“ブス”メンバーにオアシズの大久保佳代子、光浦靖子を迎える。

 オープニングトークでは、矢作兼が「今日はすごいです。(ブス界の)レジェンドが2人そろっている。なかなかないよ」とオアシズの2人を紹介。大久保が「まずは、私が先に行って様子を見て、ここなら大丈夫だろうってことで、(光浦を)連れてきました」と明かし、光浦も「(私は)人見知りのブスだから」と応え、スタジオに笑いが起こった。

 さらに大久保が「『めちゃイケ』も終わるんで、(今後は)『ブステレビ』を中心にやっていこうかと思って」と意気込みを語り、光浦も「餅が買えるのは、今年までだよ。来年の正月は餅買えないんじゃないかな」と続いた。

 美人コメンテーターとして登場した矢口は「今日は、本当にコメントしづらいです。だって、大御所の2人がそちら(ブス)側にいる。何でお2人を呼んじゃうんですか!コメントできないですよ」と、おぎやはぎの2人に訴える。すると光浦は「私たちは、女芸人界に革命を起こしてレジェンドになったんだよ。昔は、ツッコミは美人で、ボケがブスだったんだけど、うちらの時代から、『ブスとブスがコンビになった』って言われて、それでいろいろな番組に呼ばれたのです」と自虐を交えながら、矢口に説明した。

 そして大久保が、初登場の光浦に「見て、(この子たち)全然きれいよ!」と、自称“ブス”メンバーを紹介すると、OLの宇佐麻衣が「(私)光浦さんに、すごい似ているって言われるんです。芸人さんとか全然知らない時に、『光浦さんに似ているね』って言われて、芸能人に似ているなんて言われたことがなかったから、ワクワクしてテレビを観たら…」と語り、光浦の怒りを買う。

 最初のテーマ「コレってブス差別ですよね?」では、どんな不当な扱いを受けるのかを出演者に聞いていく。すると、「トイレが詰まると、絶対に犯人だと思われ掃除をさせられる」「あと少し買い物をすればクジが引けるのに、教えてくれない」「ブスがかわいいと言われるのは、見下されているだけ」など、衝撃のエピソードが飛び出す。

 スタジオでは、光浦が「ブス差別を一番感じたのは、大学のサークルに入った時に、新歓コンパの2次会で、トイレに行っている間に巻かれた。新入生なのに…」とブス差別を受けたエピソードを披露。そして、大久保が語ったエピソードから討論に発展する。さらに、矢口も「私、人生ブスなんで!」と悲しいエピソードを明かす。

AbemaTV『おぎやはぎの「ブス」テレビ』
放送日程:毎週月曜 後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

※過去の放送回はAbemaビデオで視聴可能

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える