• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バカリズム、本名・宮田真理愛のおのののかに「まりあ感ゼロ」

『必殺!バカリズム地獄』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『必殺!バカリズム地獄』♯37が、2月16日に放送された。

 この番組は“ヤンキー鬼”に扮したバカリズムが、さまざまな女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。

 2月16日は、ゲストにタレントの安西ひろこ、おのののか、田中道子、元SKE48の佐藤聖羅が登場した。

 オープニングでは、バカリズムが「本名は、宮田真理愛。おのののかさんです」と紹介すると、おのは「最近では、本名より浸透していて。自分の中でも『ののちゃん』って呼ばれる方がいい。(でも)地元の友達には、『まりあ』って呼ばれています」と明かすと、ゲストから「まりあちゃんなんだ!」と驚きの声が上がり、バカリズムも「まりあ感ゼロ」と語った。

 「ミス・ワールド 2013」日本代表にも選ばれた田中は、「1日1食を4年くらいやっていて、私は固形物が嫌いなので、ゼリーとか、食べてもラーメンとかの流動食で生活しています。好きで、1日に1.5リットルくらいカフェラテを飲んじゃうので、そうなるとお腹いっぱいになっちゃう。でも、そろそろガタがきちゃうんじゃないかって…」と食生活を明かす。すると安西は「そんなにカフェインを摂取しても、肌がきれいなんですか?」、バカリズムも「(ガタが)きますよ!徹夜もできなくなるし」と心配した。

 街行く人の“鬼ギレ”エピソード「100均でパンツ見ようとしてんじゃねえ!そんな安くないわ!」を受けて、おのは「昔、バイトに行くために歩いていたら、通りすがりに自転車に乗った男が、彼氏にも揉まれたことがないくらいの勢いで胸を触ってきた。本当にムカついて、自転車が去って行った道が行き止まりだったので、『絶対あの人戻ってくる』って思って、道の真ん中で立って待っていたら、案の定自転車の男が戻ってきたので、通り過ぎる時に、横から蹴りをガーンと入れた。そしたら(痴漢が)飛んで行って、自転車だけ置いて走って逃げて行った」と衝撃のエピソードを告白。バカリズムは「徹底的にやるタイプなんですね!」と驚き、ゲストからも「カッコいい!」「(痴漢男は)めっちゃ怖い」と声が上がった。

 ゲストの“鬼ギレ”エピソードを聞いていくと、安西は満員電車に乗った際に、酔っ払った男性グループが、安西に気付き、大声で勝手に(安西の)パンツを当て始め、最後には「あいつ、ノーパンだよ。だって顔がエロいもん」と言われたと激怒。その男性グループが電車から降りた後も、車内に残った人たちが「履いてないんだって…」と噂する声が聞こえたと明かした。「顔がエロいとかキツくないですか?顔がエロいって何ですか?」と安西に聞かれたバカリズムは「褒め言葉でもあると思いますよ。“エロい”は基本褒め言葉です」と、安西をフォローした。

 おのは「私、一部の人に『顔が、男性の玉』って言われていて…」と切り出し、ラジオや某番組で、南海キャンディーズの山里亮太や、明石家さんまが、その話を面白く紹介してくれたが、「ちょっといろいろ困ることがあって。この前、本当に史上最強に他人に怒ってしまったことがあった。友達の旦那さんと、その日初めて会うことになって、先に私と友達が飲んでいたら、旦那さんが現れて、私の顔を見て一言目に、『おっ!金玉』って言ってきたんですよ。その番組を観ていたから、言いたくなっちゃったのかもしれないけど、それでも本当にムカついて。『面白くもできないくせに!さんまさんだけなんだよ!イジっていいのは!』って言って、悲しくなって、そのまま泣きながら帰った」と衝撃の“鬼ギレ”エピソードを明かした。

 するとバカリズムは、「でも、基本褒め言葉ですよ。しかもきれいな金玉」とフォローしたが、おのは「嫌だ、嫌だ」と笑いながら否定。「だからこの番組を観て、そう思っても口には出さないでほしい」と呼びかけた。

 その他、番組では田中がテレビのドッキリに“鬼ギレ”したエピソード、元SKE48の佐藤の女同士の悪口にドン引きしたエピソードが語られた。

AbemaTV『必殺!バカリズム地獄』♯37
放送日時:2月16日(金)後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL チャンネル

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える