• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三船敏郎モチーフのアバターも!『レディ・プレイヤー1』キャラアート解禁

『レディ・プレイヤー1』 スティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』から、主人公ウェイド・ワッツのアバターをはじめ、三船敏郎をモチーフにした日本人役トシロウのアバターなど、壮絶な宝探しのアドベンチャーを繰り広げるトレジャーハンターたちのキャラクターアートが解禁された。

 本作の舞台は、そう遠くない未来。混沌とした世界。夢がかなえられる超リアルVRワールド [OASIS]が、人々の唯一の居場所だった。天才的な開発者のハリデーは自らの死の際に、宝の卵を[OASIS]の中に隠したことを、全世界のプレイヤーに告げる。最初に見つけた者が [OASIS]の後継者になれるという。果たして全ての関門をクリアし、“大いなる遺産”を手に入れるのは誰なのか?人類が対戦する、壮絶な宝探しレースがスタートする。

 今回公開されたキャラクターアートでは、現実世界の彼らと、VRワールド[OASIS]での彼らのアバターが描かれている。注目は、右上の日本人役のトシロウ。赤い兜と赤い鎧姿が勇ましい彼のアバター“ダイトウ”は日本の侍がモチーフ。トシロウ役を演じるのは、本作でスピルバーグ監督に見いだされた森崎ウィン。トシロウのアバター“ダイトウ”の顔は、“世界のミフネ”こと三船敏郎をモチーフにしていることを、原作者のアーネスト・クラインが明かしている。

 左下中央は、主人公のウェイドのアバター“パーシヴァル”。青い髪をなびかせ、左の頬に印象的なマーキングを施している爽やかながらもワイルドなイケメン風。アーネスト・クラインは「パーシヴァルのイメージは、かなり日本のアニメなどから影響を受けているんだ」と日本キャラクターを意識したことを語っている。

 右下中央は、ヒロイン・サマンサのアバター“アルテミス”。そして、左端の忍者風の“ショウ”や、 右下の“エイチ”と、個性的な5人のトレジャーハンターたちがどんな大冒険を繰り広げるのか期待が高まる。

『レディ・プレイヤー1』
4月20日(金) 全国ロードショー

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ