• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

唐沢寿明×渡部篤郎が初共演!ドラマ特別企画『がん消滅の罠』4・2放送

©TBS

©TBS

 第15回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した岩木一麻による小説「がん消滅の罠~完全寛解の謎」がTBS系でドラマ化され、4月2日(月)に放送されることが分かった。

 本作は「寛解」というがんの症状が軽減される状態を切り口に描かれる医療ミステリー。舞台は最高峰のがん治療を提供する病院。手の施しようのない末期がん患者を担当した医師・夏目典明(唐沢寿明)だったが、その患者が生命保険金の生前給付を受け取った直後にがんが「完全寛解」。高校時代からの友であり、同じ病院に勤務する変わり者の研究医と、生命保険会社に勤める切れ者の親友と共に自らの担当患者が完全寛解した謎に挑む。

 主人公の夏目典明を演じるのは、医師役を演じるのは12年ぶりとなる唐沢寿明。「ドラマ作品での医者役は3度目。原作を読んだ本職の医者でも翻弄されてしまったというくらいの『謎』を解明していく過程は、この作品の一番の肝になっていると思います。医療が進化し、がんが治せる時代になった今、このリアルとフィクションの狭間のような作品は、僕が一視聴者であっても非常に興味深いテーマです。本当にストーリーが面白いので、役に身を任せて演じようと思っています」と作品に対する印象を語った。

 また、渡部篤郎との初共演については「演技の現場でご一緒するのは初めてですので、非常に楽しみにしています」と撮影を楽しみにしている様子だ。

 夏目と高校時代からの同級生で、思いもよらぬ角度から医療の謎に切り込む視点を持つ天才肌の男・羽島悠馬役の渡部は「主演の唐沢さんは数多くの名作を作りあげた方です。ご一緒させて頂くのは初めてですが、最高のエンターテインメントになるよう導いてくれます。素晴らしい原作、キャスト、スタッフに恵まれて、心より感謝しています」とコメントしている。

 そして、夏目・羽島と高校時代からの同級生で、保険会社に勤務する森川雄一役で及川光博が出演。「僕と唐沢さんが同級生に見えるかどうかはさておき(笑)、日頃からプライベートで食事をご一緒する仲なので、その距離感を演技に生かせればと思います。渡部さんとの共演も久しぶり。3人の関係性が楽しみですね。先輩方の胸を借りて多くを学びたいと思います」と語った。

 また、夏目の妻でフリーの雑誌記者・夏目紗季役に麻生久美子。患者として夏目の診察を受ける患者・榊原一成役に吉田鋼太郎。がん寛解の謎に何らかの関連を持つ、湾岸医療センターの医師・宇垣玲奈役にりょう。夏目の学生時代の担当教授であり、最も尊敬する医師だったが、一人娘をがんで亡くしたことをきっかけに20年間消息不明となっていた医師・西條征士郎役を北大路欣也が演じる。

ドラマ特別企画「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」
4月2日(火)TBS系 後8・00~11・07

原作:岩木一麻「がん消滅の罠~完全寛解の謎」(宝島社)
脚本:吉本昌弘、船橋勧
プロデューサー:伊與田英徳、倉貫健二郎(ドリマックス・テレビジョン)、塩村香里(ドリマックス・テレビジョン)
演出:竹村謙太郎(ドリマックス・テレビジョン)

出演:唐沢寿明、渡部篤郎、及川光博、麻生久美子、吉田鋼太郎(特別出演)、りょう、北大路欣也

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える