• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

E-girlsの新曲が初のハリウッド映画主題歌に!

E-girls 3月21日(水)公開の映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」の日本版主題歌が、E-girlsの新曲「DYNAMITE GIRL」に決定した。E-girlsがハリウッド映画の主題歌を担当するのは今回が初めて。

 本作は、アンジェリーナ・ジョリー主演の大ヒット映画「トゥームレイダー」のリブート版。アカデミー賞女優のアリシア・ヴィキャンデルが主人公のトレジャー・ハンター“ララ・クロフト”を演じる。

 E-girlsとのコラボレーションについて、配給元のワーナー・ブラザース映画は「女性らしくもありながら前に向かう強さとたくましさを追求しているe-girlsさんは、トレジャー・ハンターとして初めてのミッションに立ち向かう主人公のララ・クロフトを体現している存在だと思います。彼女たちのパワフルで美しいパフォーマンスを通して、ララのトレジャーハンティングをより一層身近に感じていただけたらと思います」とコメントしている。

<E-girls コメント>
初めてハリウッド映画の主題歌を担当するということでとても興奮しています。
この映画では主人公のララが、強く、賢く、どんな困難にもくじけずに立ち向かっていくところが描かれていると聞きました。私たちもそんなララを応援したいと思うと同時に、私たちの新曲で映画『トゥームレイダー ファースト・ミッション』をパワフルに、そして美しく盛り上げていきたいと思います。
新曲「DYNAMITE GIRL」には“謎”や“罠”といった「トゥームレイダー」にちなんだ歌詞がちりばめられていて、次々に降りかかる試練に立ち向かっていくララのくじけない強さを歌ったパワフルな楽曲です。この楽曲を通じて、戦いに挑むララの背中を一押しできればと思います。

映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」
3月21日(水・祝)全国公開

<ストーリー>
世界をまたにかけるトレジャー・ハンター“ララ・クロフト”。資産家で冒険家の父親が遺した彼女への最初のミッションは、世界を滅ぼす“幻の秘宝”を封印すること。世界を救うため、次々に降りかかる謎と幾重にも仕掛けられた罠を突破し、ララは誰よりも早くその“幻の秘宝”にたどり着くことはできるのか!?

<キャスト>
アリシア・ヴィキャンデル(『リリーのすべて』)、ドミニク・ウェスト(『300<スリーハンドレッド>』『マネーモンスター』)、ウォルトン・ゴギンズ(『ヘイトフル・エイト』)、ダニエル・ウー(『香港国際警察』)
監督:ロアー・ウートッグ(『THE WAVE/ザ・ウェイブ』)
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える