• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

V6井ノ原快彦が無重力を体験!『池上彰と宇宙の旅2018』3・28放送

©TBS

©TBS

 私たちの身の回りのこととつながっているという“宇宙”について解説する『池上彰と宇宙の旅2018』(TBS系 後8・00)が3月28日(水)に放送されることが決定。池上彰と井ノ原快彦がMCを務め、日本人初の宇宙飛行士である毛利衛が特別ゲストで出演することが発表された。

 月を足掛かりに火星探査を計画するアメリカ、原子力スペースシャトル開発を目指す中国、新たな宇宙ステーションを計画するロシアなど、世界の目が宇宙に向けられている。番組では、実は私たちの身の回りのこととつながっている“宇宙”についての疑問を解説&潜入取材&大実験で答えていく。

 池上は「地上で続く紛争と戦争。憎しみにいがみ合い。でも、空を見上げると、宇宙は広い。地球上のことなど、ちっぽけなこと。みんながそんな気持ちを持ってくれれば。私は子供の頃から宇宙に憧れてきました。未知の世界を探検すると、人間の矮小さと共に偉大さにも気づく。それが宇宙開発。番組にご期待ください」とコメント。

 短時間無重力状態を作り出すパラボリックフライト航空機に搭乗し、実際に無重力を体験した井ノ原は「すごい世界を体験させていただきました。宇宙飛行士の方の宇宙ステーションからの中継を見ても、何となく現実味がありませんでしたが、この無重力体験で宇宙飛行士の大変さをちょっと想像できるようになりました。いっぽうで地球の重力、ちょうどいい重力があるから人間がここまで発展してこられたんだと思えるようにもなりました」と感想を語った。

 番組では、池上による「ブラックホールに落ちるとどうなるの?」「宇宙飛行士ってどんな仕事?」などの宇宙に関する素朴な疑問を徹底解説するほか、ロシアのガガーリン宇宙飛行士訓練センター、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地で敢行した取材の模様を紹介。

 また、日本人初の宇宙飛行士となった毛利衛が体感した宇宙を池上との対談と貴重映像で紹介。さらに、毛利宇宙飛行士より一足先にソ連・ソユーズによって宇宙へ行ったTBS特派員・秋山豊寛が踏んだ日本人の宇宙への最初の一歩の様子をTBSにしかない秘蔵オリジナル映像を交えて解説する予定。

“私たちと宇宙の意外な繋がり”と“宇宙が作る日本の未来”を考える『池上彰と宇宙の旅2018』はTBS系で3月28日(水)放送。

『池上彰と宇宙の旅2018』
TBS系
3月28日(水)後8・00~10・00

MC:池上彰、井ノ原快彦
特別ゲスト:毛利衛ほか
プロデューサー:戸田郁夫、荒牧克久、樋江井彰敏、小杉菜穂子

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える