• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ブラマヨ吉田&指原莉乃、サイテー男の持論に感心「有料ゾーンでもいい話」

『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』#44が3月6日に放送された。

 3月6日は、“エロメン”の月野帯人、パリピ芸人のタッツィーネ、芸人の高橋洋平、ホストの京、バーテンダーの池上亮ら、個性的な総勢10名のサイテー男が登場。「卒業シーズンSP」と題して、サイテー男たちが卒業にまつわるエピソードを披露した。

 テーマ「卒業したいサイテー恋愛グセ」では、バーテンダーの池上が「(当時)付き合っている子の部屋に行ったら、普段は身なりもきれいで清潔感もあるのに、想像していた以上に部屋が汚かった。トイレットペーパーもなかった。そこから、その子のHが雑だと気付いた。ドン引きして別れて、その後から女の子の部屋をちゃんと見るようになった」と恋愛グセを告白。

 さらに「整理整頓ができているけど物が多い子は、新しい物が入ってきても古い物が捨てられない。断捨離ができない子なのでセフレにしやすい。物が少なくて部屋がきれいな場合は、自分に必要ないものは切る女性なのでセフレの期間が短い。だから部屋をきれいにしていて、物が部屋にいっぱいあるような人が狙い目」と、これまでの経験を基にした持論を展開した。

 これを聞いた吉田敬は「有料ゾーンに持っていってもいい話」、指原莉乃も「すごくちゃんとした説明じゃないですか。自分に思い当たる節があるとかではなくて、そうなのかもと思う。私、メチャメチャ家汚いんで」と明かした。

 続いて、パリピ芸人のタッツィーネが“天秤にかけてしまう”という恋愛グセを発表。「いいなと思う子が2人いたら、付き合わないと分からないこともあるので両方と付き合う。そこから笑うポイントとか、同じデートをして確かめて、ダメだと思えばすぐに別れる。相手の携帯を見ればすぐ関係を切れる。携帯には写真とか、LINEの内容とか自分に対して不都合な事が100パーセント入っているので、大義名分ができる。(携帯の)ロック解除の方法も1つある」と話す。

 興味津々のブラックマヨネーズの2人を前に、タッツィーネが「1か月ぐらい時間がかかるんですけど、相手と一緒に部屋に居る時は、トイレに行く時だけでも自分のスマホを置く癖をつける。そしたら2週間後くらいから、向こうも連鎖反応でやってくれる。暗黙の了解という形で。すると、ロックをかけ忘れてトイレに行くのが10回に1回くらいある。その間に悪い情報を探す」と相手のスマホを見る方法を明かすと、指原は「悲しい、怖い…」とコメント。吉田は感心しながらも「何で悪いやつがこんな賢いねん」と話し、スタジオに笑いが起こった。

 その他、番組ではやり手ホストの「自分が浮気をしたいので相手を束縛する」「女の子と付き合ったら情報を収集して分析してしまう」、“エロメン”月野の「偶数Pをやめたい」など、サイテー男が卒業したいサイテー恋愛グセが明かされた。

AbemaTV『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』番組概要
放送日時:3月6日(火)後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

3月6日放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8TJJKXyRRYypHM
※過去の放送はAbemaビデオで無料で視聴可能。

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える