• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

オードリー若林、24時間営業の不動産屋を開業した“激レア”おばあちゃんに驚き「朝ドラで見たいぜ」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 めったにない体験談の持ち主をスタジオに迎えるテレビ朝日系の人気バラエティ『激レアさんを連れてきた。』((月)後11・15ほか)。3月12日の放送には「それまでずっと専業主婦だったのに、80歳にして急に不動産屋さんを始めた上に24時間営業にしちゃったおばあちゃん」が孫と共に登場し、オードリーの若林正恭やゲストの斎藤工、若槻千夏を驚かせる。

 おばあちゃんは番組最高齢の88歳。「水周り激弱住宅」「便意即ダッシュ住宅」などのワケあり物件が7軒続き、60年間も不便な暮らしをしていたおばあちゃん。転機が訪れたのは79歳の時。孫の勧めで宅建の勉強を始め、資格取得を決意。「マークシート」が最大の壁となり、模擬試験で0点を取ってしまったエピソードには、スタジオが爆笑に包まれる。

 その後就職を考えるも、おばあちゃんは既に80歳。専業主婦だったため職歴もない。そこで、自ら不動産屋を開業。主婦感覚で軽く考え、24時間営業にしてしまったという。

 2年間は契約数ゼロで無収入だったが、苦難を乗り越え、創業5年目で年商5億円を達成。苦しめられてきた不動産で「リベンジ」に成功した。弘中綾香アナウンサーが説明するこの劇的ストーリーは、若林も「朝ドラで見たいぜ」と熱望するほど。睡眠時間3時間ながら、メールの返信に真夜中の内見にと遅い時間までバリバリ働くおばあちゃんの密着VTRも紹介される。

 ほかに、普通の求人では扱われない激レアな職業を一方的に勧める新コーナー「おすすめ!激レアお仕事カタログ」では、「若者のどんなムチャな発注にも応えて、北九州の大切な成人式を1人でめちゃめちゃ派手にしている貸衣装屋さん」を取り上げる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える