• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

サッカー日本代表に入りたくて…諦めの悪さで奇跡起こした激レアさんにオードリー若林感服

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

“激レア”な体験談の持ち主をスタジオに迎えるテレビ朝日系の人気バラエティ『激レアさんを連れてきた。』((月)後11・15ほか)。3月19日の放送には「国内外のあらゆるサッカーチームの入団テストに落ちまくっているけれども、どうしても日本代表入りを諦めない人」が登場し、オードリーの若林正恭やゲストの沢村一樹、横澤夏子を驚かせる。

 現在25歳のマルヤマさんは、小学1年生の時からサッカー少年。転機になったのは、小学2年生の時に見たシドニー五輪(2000年)。サッカー日本代表の準々決勝敗退を悔しく思ったマルヤマさんは、“お世辞にもうまいとは言えない実力”ではあったが、「俺が日本代表になって日本を強くする!」と決意したという。

 小学生時代は区の選抜にも入れず、中学生時代は「付き合っていた彼女の方が足が速かった」とマルヤマさん。しかし15歳の時、“月謝さえ払えば入れる強豪チーム”で千載一遇のチャンスをつかみ、ブラジルへ留学。キング・カズのようなトップ選手になると意気込んで現地へ渡ったが、爪痕は残せないまま、日焼けだけして元気に帰国した。

 今度は違う道から日本代表を狙おうとアジアからヨーロッパまで、国内外問わずあらゆるチームの入団テストを受けまくったが、結果は落選ばかり。そんな中、マルヤマさんはついに契約を結ぶことに成功。やっとサッカーで食べていけそうになった矢先、ある大事件が降りかかり…。

 それでも日本代表入りを諦めなかったマルヤマさんに、数々の奇跡が! そのメンタルと行動力には若林も「何かがすごい人だ!」と感服し、「大好きな回になりました!」と話す。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える