• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

セレーナ・ゴメス製作総指揮のNetflixドラマ「13の理由」特別映像解禁

「13の理由」 歌手で女優のセレーナ・ゴメスが製作総指揮を手掛け、現在Netflixで独占配信中のオリジナルシリーズ「13の理由」から特別映像が解禁された。

 本作は、セレーナ・ゴメスが原作と出会ってから6年以上の歳月をかけ、自らが製作総指揮として映像化を実現させたドラマシリーズ。

 高校生のクレイ・ジェンセン(ディラン・ミネット)がある日、自分宛ての謎めいた箱を見つけるところから物語は始まる。箱の中にあったのは、2週間前に命を絶ったクラスメート、ハンナ・ベイカー(キャサリン・ラングフォード)が録音したカセットテープ。そこには彼女が自殺に至った“13の理由”が録音されていた。2人の視点を通して明かされていく衝撃の秘密と真実。解禁された特別映像でも、彼女の死をめぐるミステリーがひもとかれていく様子がスリリングに描かれている。

 昨年、配信開始されて以降、若者たちを縛るスマートフォンやSNSを通した友情、恋愛、人間関係など、現代社会の抱える闇をリアルに映し出した作品として、SNSをはじめ記録的な反響を生み、過去5年で人々が「Netflixで初めてイッキ観したミステリードラマ」としても話題に。製作総指揮を務めたセレーナ・ゴメスのTwitterはおよそ5,600万人、インスタグラムは1億3,400万人という膨大なフォロワーを持つが、彼女自身も「ハンナと自分を重ねて見てるわ。ハンナでなくても、みんな登場人物の誰かと似た経験をしてきたはず。“あなたは価値のある大切な存在よ”それを伝えたかったの」と映像化した理由と、SNS世代が共感できる要素があることを明かしている。

 「If/Then(原題)」やトニー賞とピューリッツァー賞に輝いた 「Next to Normal(原題)」などを手掛けたブライアン・ヨーキーが脚本を担当し、『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞を受賞したトム・マッカーシー監督がメガホンを取る本作。

 トム・マッカーシー監督は、「複雑な社会問題を取り上げることで、多くの人に見てもらうことができた。SNSでのつながりを求めるデジタル世代の若者たちが、カセットテープというアナログな手法でメッセージを伝えていく。これも心をつかむポイントになったと思う」とシーズン1の反響を振り返っている。

 ブライアン・ヨーキーは「フィクションを通して、普段の生活では目を逸らしがちな出来事をリアルに描いた。13話それぞれに学校生活に隠された秘密を盛り込んだので、見る人はその答えを探すために次のエピソードをきっと見たくなるはずだよ」と本作の魅力を語っている。

Netflixオリジナルシリーズ「13の理由」
独占配信中

Netflix:https://www.netflix.com/jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える