• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

坂口健太郎がドラマ初主演作への意気込みを語る「呼吸を忘れるような作品に」『シグナル 長期未解決事件捜査班』

©カンテレ

©カンテレ

 4月10日(火)スタートのドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ/フジ系)の主演を務める坂口健太郎が、カンテレ大阪本社で合同取材に応じた。

 本作がテレビドラマ初主演となる坂口は「主演は1つの大きな目標だった」といい、「本当に今が主演をやらせていただくタイミングなんだなって思うし、出会うべき作品と出会えて今こうやって主演できる。自分でもこの作品に対して期待していて、“いい作品になればいいな”と思います」と心境を語った。

 また、独学でプロファイリングを学んだ主人公の警察官・三枝健人を演じる上で、集団行動心理学などの本を読んで知識を身に着けたという坂口。自身の役柄を「憎しみだったり苦しみだったり悲しみだったりが、自分の行動力の起点となっている男性」と分析し、「楽しさや“やりがい”というものにエネルギーを感じる自分との違いはありますが、エネルギーを発散する方向性はすごく近い」と共通点を明かした。

 坂口扮する“現在”を生きる刑事・三枝と、“過去”を生きる刑事・大山(北村一輝)の2人が、謎の無線機を通じて未解決事件を解き明かすというトリッキーな展開については「大山と健人が2人で一緒に事件を解決していることを疑問に思われないような作品にしたいと思っていますし、大山と健人のバディ感やつながりを大事にお芝居したいと考えています」と坂口。「どこかで呼吸を忘れるような作品にしたい。いろんなハテナを持ったまま、健人と一緒に悩んで、健人と一緒に“これはどういうことなんだろう?”と想像してほしいです」と意気込んでいた。

『シグナル 長期未解決事件捜査班』
4月10日(火)スタート 
毎週(火)後9・00(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)※初回15分拡大
原作:『シグナル』/脚本:キム・ウニ 制作:Studio Dragon & ASTORY 
出演:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、
青野楓、神尾楓珠、甲本雅裕、渡部篤郎
主題歌:BTS(防弾少年団)
「Don’t Leave Me」(Def Jam Recordings)

【第1話ストーリー】
 15年前、一人の女子児童が下校途中に誘拐された。当時、小学1年生だった三枝健人(坂口健太郎)は被害者の女の子が連れ去られる様子を目撃。ある男を指名手配し行方を追う警察に、犯人は女だと訴えるものの相手にしてもらえない。数日後、女子児童が遺体で発見され、管理官の中本慎之助(渡部篤郎)のもと、刑事の大山剛志(北村一輝)や岩田一夫(甲本雅裕)らは懸命に捜査を続けるが、犯人の手掛かりは得られず、結局、事件は未解決のまま15年の月日が経っていた――。
 女児誘拐殺人事件の時効が近づくなか、健人はプロファイリングを学び、ある思いを胸に警察官になっていた。しかし、過去の事件から決して警察を信用することはせず、そのせいで、先輩刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)や山田勉(木村祐一)から目をつけられてしまう。
 そんなある日の夜、健人は廃棄処分されるはずの無線機から、誰かが自分を呼んでいることに気づく。声の主は大山という刑事で、大山は巡査の健人をなぜか“警部補”と呼んでいた。
 さらに、大山は健人の情報を元に訪れた病院で、女児誘拐事件で指名手配された男の首つり遺体を発見したと言う。情報提供どころか大山とは面識もない健人。にわかには信じがたい話だったが、「彼は利用されて殺された。誘拐の真犯人は別にいます」という大山の言葉が気になった健人は、ためらいながらも無線越しに聞いた病院へと向かう。
 すると、そこに大山の姿はなかったものの、聞いたとおりの場所で白骨遺体を発見して……。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える