• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢口真里、自身の番組で結婚を報告「真里ちゃんって呼ばれてます」

『矢口真里の火曜The NIGHT』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『矢口真里の火曜The NIGHT』#99が3月27日に放送された。

3月27日の放送では、前日に自身のブログで結婚を発表した矢口が「皆様、結婚しました。再婚しました」と報告。番組の相棒・元巨匠の岡野陽一から「ネットで知りましたよ、寂しい」と言われた矢口は「ギリギリまで周りの人に言わないでほしいという話があって、ハロプロLINEというLINEグループで(モーニング娘。時代の)メンバーに伝えたのも1時間前くらい。先輩たちには1日前には言ったり、圭ちゃんとかには前から言ってたけど」と状況を説明した。

 そしてあらためて「皆さん、お騒がせしましたけど4年間の交際を経て一般男性の方と再婚することになりました。これからも変わらず一生懸命頑張っていきたいと思うので、どうぞよろしくお願いします」と語り、深々と頭を下げた。

 岡野が「今幸せですか?」と質問すると、矢口は「何にも変わらない、基本的にはずっと一緒に住んでたし。プロポーズも1年前の私の誕生日だった」と語り、一緒に住んでいる自宅で「結婚してください」と指輪をもらったことを明かした。

 矢口の右手に光る指輪を見つけた岡野が「これですか?見せて」とお願いすると、矢口は「恥ずかしい!やだやだ」と照れつつも、カメラに向けて一瞬だけ指輪を披露した。

 さらに、矢口は「結婚指輪も買ってないし、式の予定もない。本当に入籍届を出しただけ」と語り「いやーでも長かった。(結婚)したい願望は大きくて、いわゆる自分の中のケジメはつけたいなって。彼も1年前に気持ちを固めてくれていたんで。でもなかなか段取りが。大人って大変だなって思いながら」とこれまでの心境を明かし、3月26日を入籍日に選んだ理由についても「大安だし、桜も満開に近づきちょうどいいかなと思って」と答えた。

 結婚後の仕事内容について聞かれた矢口は「ノロけるつもりは一切ない、プライベートは聞かれるまで自分からは言わない。いろいろ言われるから」と話してスタジオの笑いを誘いつつ、「プライベートと仕事はきちんと分けて頑張ります」と意気込みを語った。

 その後も「彼の好きな手作り料理は?」など次々と質問する岡野に対し、矢口は「すごい聞いてくるじゃん」とツッコみつつも「ピーマンの肉詰め」と答えたり、「ベッドは一緒ですか?」という質問に笑いながら「そりゃそうですよ」と答え、自分の呼ばれ方については「真里ちゃんって呼ばれてます」と明かした。

 そして、スタジオには矢口を祝福するために、サプライズゲストとしてつんく♂ではなく、つんく♂のモノマネをする、ものまねタレントのつんつくが登場。初めて見るつんつくに、矢口は「(つんく♂さん)に顔似てる」と笑顔を見せ、“芸能界のお父さん”つんく♂に報告をした際に「マイペースに、気長にやりやー」と返信があったことを明かした。

AbemaTV『矢口真里の火曜The NIGHT』#99~深夜じゃ出られないU-18アイドル選抜~
放送日時:3月27日(火)深1時~3時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/D7jTr1GhiYTDYj

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える