• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高杉真宙が「君が君で君だ」に出演決定!自身過去最悪最低の男に成り下がる

高杉真宙

高杉真宙

 7月7日(土)七夕公開の映画「君が君で君だ」に高杉真宙の出演が決定。高杉はキム・コッピ演じるヒロイン・ソンのダメ彼氏・宗太を演じる。

 本作は、好きな⼥の⼦の好きな⼈に成り切って、10年間彼⼥を⾒守ってきた3⼈の男(池松壮亮、満島真之介、大倉孝二)たちの愛の結末を描く恋愛譚。高杉は、献身的な愛情を注いでくれるソンに借金を肩代わりさせるなどひどい仕打ちをするダメ彼氏の宗太。

 2012年「カルテット!」で映画初主演を務め、2017年、映画「散歩する侵略者」では毎⽇映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。2018年は主演作「世界でいちばん⻑い写真」「虹⾊デイズ」「ギャングース」が控えるブレーク中の若⼿俳優が、自身過去最悪最低の男に成り下がる。

 ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』や映画「アズミ・ハルコは行方不明」などを手掛けた監督・松居大悟が長年温め続けた完全オリジナルラブストーリーとなる本作。劇中では池松、満島、大倉が、ヒロインのソンが好きな3人の伝説の男「尾崎豊」「ブラッド・ピット」「坂本龍馬」に成り切る。

映画「君が君で君だ」
7月7日(土)公開

出演:池松壮亮/キム・コッピ/満島真之介/大倉孝二/高杉真宙/向井理/YOU
監督・原作・脚本:松居大悟
制作:レスパスフィルム
配給:ティ・ジョイ

公式サイト:https://kimikimikimi.jp

©2018「君が君で君だ」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真