• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

セクシー&カッコよく!Hey! Say! JUMPが胸キュン技を連発

『ソフティモ ラチェスカ』「するりんジェルクレンジング」新CM『少女漫画』篇 Hey! Say! JUMPが出演する『ソフティモ ラチェスカ』「するりんジェルクレンジング」の新CM『少女漫画』篇が、4月6日(金)より全国でオンエアされる。

 新CMでは、Hey! Say! JUMPのメンバーが、漫画家の高野苺が描くイラストの女性たちと共演。イラストで描かれた若い女性のあらわになった肩に、そっと手を添えて「バッチリメイクは…」と語りかける有岡大貴と髙木雄也。突然の出来事にイラストで描かれているはずの女性の頬が赤らむ。続いて山田涼介は、描かれた女性の頭に手をまわし、強引に顔を引き寄せる。“壁ドン”でグイグイ迫る中島裕翔、“顎クイ”で熱い視線を送る知念侑李。「ソフティモラチェスカするりんジェルクレンジング」を試した女性の背後から、伊野尾慧がそっと両肩を抱えて「優しいでしょ?」とささやくと、イラストで描かれた顔から笑みがこぼれる。最後にメンバー全員で「ラチェスカ!」と声を合わせると、少女漫画の世界に入り込んでしまったようにメンバーの姿もイラストになる。

 撮影で監督からメンバーに出された指示は「セクシーに!」と「カッコよく!」の2つ。共演者である「イラストの女性」は後から合成されるため、スタジオに用意されているのはダミー人形だけ。ダミー人形を相手に、“壁ドン”に挑戦した中島には、監督から「肘を少し曲げた方が、壁ドンをやり慣れている感じがでるよ」とのアドバイスが。「なるほど!肘を曲げた方が顔も近くなりますね」とコツをつかみ、次のテイクでは、監督から「色気があってカッコいいね!」とOKの声が。

 撮影終了後、メンバーに「壁ドン、やり慣れていないのがバレちゃった」と話す中島だったが、有岡から「(壁を叩く時の)力の入れ方も難しそうだよね」と聞かれると「そう!強すぎると“脅迫”っぽくなっちゃうから、ソフトにしないとね」と、撮影を通して学んだカッコいい“壁ドン”のコツを明かした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える