• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

内藤剛志&波瑠が互いの作品に出演!テレ朝史上初の連ドラ相互コラボ

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 テレビ朝日の連ドラが初めて相互コラボすることが分かった。『警視庁・捜査一課長』((木)後8・00)に主演する内藤剛志と、『未解決の女 警視庁文書捜査官』((木)後9・00)に主演する波瑠が、4月19日の放送で互いの作品に出演する。

『警視庁・捜査一課長』は、内藤演じる捜査一課長・大岩純一の活躍を描いた人気作の第3シリーズ。『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、波瑠演じる肉体派刑事・矢代朋が鈴木京香演じる頭脳派刑事・鳴海理沙とタッグを組んで“文字”を糸口に未解決事件に挑むストーリー。

 朋や理沙が所属する「特命捜査対策室」第6係は捜査一課の部署であり、大岩は上司に当たるという設定で相互コラボが実現。この日の『警視庁・捜査一課長』第2話では、大岩が腕を負傷した朋に対して優しく接し、遊び心の効いた軽妙な掛け合いを展開。続く『未解決の女 警視庁文書捜査官』初回では、事件の犯人を追って奔走する朋や理沙を大岩がねぎらいにやって来る。

 内藤と波瑠は、今回が初共演。内藤は「波瑠ちゃんには緊張なく『警視庁・捜査一課長』の撮影に臨んでいただけたようでよかったです」と思いやりつつ、「もし可能なら、これから毎週、お邪魔したいと思います!」とノリノリ。一方の波瑠は「作品をまたいで同じ役を演じるのは初めての経験だったので、すごくワクワクしました」と振り返り、「内藤さんが本当に優しくしてくださって、撮影もすごく楽しかったです」と感謝した。

 さらに、内藤が「僕たちが夜8時台を温め、その流れで多くの方を『未解決の女』へ送り込めるよう頑張ります!」と話せば、波瑠は「『警視庁・捜査一課長』をご覧の方々に、ぜひ『未解決の女』の世界へ流れてきていただけたら、うれしい」と両作品をPR。鈴木も、「今度は、私も波瑠ちゃんと一緒に『警視庁・捜査一課長』の世界に伺いたい」と熱望しながら、「2番組続けて木曜夜を思いっきり盛り上げていけたら」と意気込んだ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える