• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡井千聖の意外な趣味に千鳥・大悟もビックリ「わしもまだ手を付けてない」

『チャンスの時間』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、千鳥がMCを務める新レギュラー番組『チャンスの時間』が4月17日に放送された。

 この番組は、誰もが「言われてみれば気になる」と感じる身近にあふれるさまざまな疑問を、MCの千鳥の2人と一緒に“クセの強い対決”で、実際に検証し、真実を明らかにしていくバラエティ。株式会社サイバーエージェントが運営する予想投票サービス「SUPERCHOICE(スーパーチョイス)」と連動し、視聴者が対決の結果を予想し、投票できる企画も実施する。

 初回放送となる4月17日は、対決を見届けるゲストとして岡井千聖が登場。番組が視聴者参加型であることを説明したノブが「岡井ちゃんは何かギャンブルとかやるの?」と質問すると、岡井は「私は競輪」と答え、その意外な回答にスタジオは笑いに包まれた。大悟が「それ、最終的にいくとこやで?わしもまだ手を付けてない」とツッコむと、岡井は「競輪番組をきっかけに見るようになって。自分で新橋に行ってチケット買ったりしてます。面白いですよ!」と、好きになった経緯を説明した。

 最初の対決では、アーティスト・吉川晃司の代名詞とも言える“シンバルキック”の限界に挑戦すべく、シンバルを誰が一番高く蹴り上げることができるかを競うことに。この挑戦に名乗りを上げたのは、テコンドー全日本大会覇者の古川健太郎、セパタクロー現役日本代表選手の市川遥太、ものまねタレントのジャッキーちゃん、吉川晃司のものまねで登場したものまねタレントの瓜生ケンの4名。
 シンバルの高さは1メートル60センチからスタートし、瓜生は開始直後の1メートル70センチ、ジャッキーちゃんは2メートル50センチで脱落。本命2人の一騎打ちとなり、対決の結果1位は2メートル65センチをクリアした市川に決定した。予想以上に白熱した対決にスタジオは盛り上がり、岡井が「こんないい戦いになると思わなかった」とコメントすると、ノブも「これ『オールスター感謝祭』でやるんちゃう?こんな感動するとは」と絶賛した。

 番組の中盤では、ヤンキーがいまだに多いとされる北関東から、栃木県を代表する暴走族2組が集結し“どちらが強いか”で対決。どちらが大声を出せるかを競う“自己紹介大声タイマン対決”や、ヤンキー座りの態勢でリレーをする“ヤンキー座り50mリレー”、激辛のつけ汁にデスソースを入れ続け、どこまで我慢できるかを競う“デスつけ麺対決”というバラエティ要素たっぷりの対決にスタジオは大爆笑。

 最後に行った“シングルベッド早揺らし対決”では、四つんばい状態でシングルベッドを揺らし、ヘッドボード部分に置かれた5つのアイテム全てを落とすまでのタイムを競った。この対決では、セクシー男優のしみけんや、童貞プロゲーマーのクロダに加え、番組MCの大悟も挑戦。最初に挑んだしみけんの動きを見た岡井は「なかなかこんなの見る機会ないから見てたけど、落とすの早くてマジ笑った」と驚いた様子を見せた。

4月24日(火)放送回の対決内容
「千鳥の直接対決!先輩テレフォンぶつ切りアタック!」
「歌舞伎町ホスト対決 勝つのは?」

AbemaTV『チャンスの時間』
放送日:4月17日(火)深0時~1時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:千鳥
ゲスト:岡井千聖
進行:西澤由夏

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/F9KYa2ee7cGff5

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える