• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ディーン・フジオカ、拷問シーンで「初めて自分から降参して撮影を止めた」『モンテ・クリスト伯』4・19スタート

『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』 ディーン・フジオカ主演の木曜劇場『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』(フジテレビ系)が4月19日(木)からスタート。初回は15分拡大で、午後10時~11時9分に放送される。

 主人公・柴門暖を演じるディーンは、第1話の収録で一番印象深かったシーンとして、異国の地で囚われの身となった暖の拷問シーンを挙げ、「(囚人の)シーンは、本当に全身真っ黒でした。拷問シーンでは、あまりにきつくて初めて自分からタップアウト(降参)して撮影を止めてしまったぐらいです(笑)」と明かした。

 その経験は、ドラマのテーマの1つ“復讐”についての考え方にも影響したそうで「今でも復讐は良くないと思っています。でも、暖の経験を演技として追体験してしまうと、彼が復讐に走ってしまうのも仕方ないのかな?と、思えてしまいました。これはきっと僕だけでなく、見てくださる方皆さんに共感いただけると思います」と語った。

 さらに「暖もそうですが、人間として禁断の一歩を踏み出してしまう様子が、1人ひとりのキャラクターでそれぞれ描かれます。魅力的な出演陣が演じるので、存在感やキャラクターの業の深さも見どころです。本来、人が越えてはいけないようなことを、登場人物たちはあっさりと乗り越えてしまうんです」と意味深なコメントも。

 最後に、ディーンは「どんな年代の人でも楽しめる作品になっていると思います。ぜひ、リアルタイムでご覧ください!」とのメッセージを送った。

木曜劇場『モンテ・クリスト伯‐華麗なる復讐‐』
フジテレビ系
4月19日スタート
毎週(木)午後10時~10時54分
※初回15分拡大放送

出演者:ディーン・フジオカ 大倉忠義 山本美月 高杉真宙 葉山奨之 岸井ゆきの 渋川清彦 桜井ユキ 三浦誠己・新井浩文/田中泯・風吹ジュン・木下ほうか/
山口紗弥加 伊武雅刀 稲森いずみ 高橋克典

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える