• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐野史郎が長澤まさみ主演『コンフィデンスマンJP』第4話にゲスト出演

『コンフィデンスマンJP』 長澤まさみ主演の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第4話(4月30日放送)に佐野史郎がゲスト出演することが分かった。

 本作は、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる物語。脚本は古沢良太。

 第4話「映画マニア編」で佐野が演じるのは、食品加工会社「俵屋フーズ」社長の俵屋勤。俵屋は、典型的な二代目のお坊ちゃま社長。学生時代に自主映画を作っていた過去を持ち、自宅にホームシアターを完備し、映画雑誌を毎月定期購読する映画マニア。俵屋は、自社のヒット商品「うなぎのカレー煮」缶詰に、外国産のうなぎを使用しているにもかかわらず、国産うなぎ使用と表示するなど食品偽装をしており、そのことを指摘してきた工場長の宮下(近藤公園)を、逆に報復人事をちらつかせ恫喝する始末。告発文を投函できないまま酔いつぶれていた宮下とダー子が出会い、ダー子は俵屋をターゲットに定める。

<第4話あらすじ>
ダー子(長澤まさみ)は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。

そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)と、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)が巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、なぜか出資話には興味を示さず……。

<佐野史郎 コメント>
◆『極悪がんぼ』(2014年4月クール)以来、久しぶりの「月9ドラマ」出演となりました。

「メンバーとはおなじみで、長澤さんは以前親子役でがっつり共演していますし(2012年2月放送、連続ドラマW『分身』WOWOW)、小日向さんとは昔からよく舞台などでもご一緒させていただいてました。東出さんとは、共演は初めてですが、昨年話題になったドラマ(2017年4月クール『あなたのことはそれほど』TBS系)で何かと僕が昔やった役と比べられてましたから(笑)、気になっていて、初対面とはいえ親近感がありました。そういうこともあって、みんな気心知れている感じで、すんなりと初日から現場に溶け込めました。この企画は韓国と中国と日本で同時に作るという話を聞いて、とても“今どき”なドラマだなと感じました。昔は、テレビの連続ドラマというと一回放送して、その後、再放送はあるにしても、映画とは違ってそこまで繰り返し見るというものではなかったと思いますが、今はいいものを作れば、配信やオンデマンドで場所や時間や世代を超えて何十年も見られ続けるものになってきている。そういうメディアの変化の中で、制作する方も演じる方も、ちょっと従来のドラマ作りとは心持ちが違ってきていると思うんです。そんな過渡期にドラマを作るということは、困難も多いと思いますけど、それだけにやりがいもあるのではないでしょうか?この『コンフィデンスマンJP』は、これまでの連続ドラマの枠に収まらない、毎回かなり突飛で荒唐無稽なエンターテインメント作品です。こういうドラマに出演させていただけるというのはとても光栄で、何より僕自身、楽しんで演じています」

◆今回演じられる「俵屋勤」というキャラクターに対する印象は? また、演じるにあたり心がけたことは?

「まあ荒唐無稽ですね(笑)。俵屋については、ずいぶんたたみ込んでくるなと(笑)。僕の実人生と重なる部分がずいぶん多いので、最初から僕を想定して書かれたのかとさえ思いました(笑)。結構でたらめな、カリカチュアされたキャラクターなので、撮影に入る前はあまりリアリティーを失わないように気をつけようとは思ったんですが、監督の要求も含めて求められてるものがはっきりしているので、多少オーバー目な芝居にはなっていますね。もちろん無自覚にリアリティーを失って面白く見せようとか、面白く演じてやろうとかいうことになってしまってはいけないんですが。漫画家が人物キャラクターをデフォルメして表現するように、脚本を読んだだけではデタラメに感じるものでも、出演者も監督も目指しているところがぶれずに一緒であれば、余分なところはそぎ落とされてかえってリアリティーが生まれるようにも感じました」

◆共演した長澤まさみさんについて。

「久しぶりの共演ですね。前回共演させていただいたドラマはシリアスな内容で、非常に濃密な時間を過ごした記憶がありますので、懐かしさもありました。今回もご一緒させていただいて心地よかったですね。コミカルなお芝居は今回が初めてです。以前、地方ロケでみんなでよく一緒に食事してましたが、その頃を思い出しました(笑)」

◆『コンフィデンスマンJP』を、楽しみにしているファンへのメッセージ

「他の回のゲストの方のお名前を見ても、さぞ楽しいドラマだと思います。韓国版や中国版のことも気になりますしね。どういう俳優さんがやって、どんなテイストになるのかとか。それぞれの国でお互いの作品を放映することもあるのかな。そういうことが、これからはどんどん当たり前になっていくんじゃないかと思います。これからは日本のドラマも、コミックやアニメ、かつての日本映画がそうであったように、世界のどんな国の人が見ても楽しめるような作品を送り出すチャンスなんじゃないかと思います。今という時代を反映するような作品を正面からぶつけていけば、世界の人たちは受けとめてくれるはずですし、こういう企画がもっと出てくるといいなと思います。俳優の立場ではありますが、そういうアイデアも発信していきたいですね」

『コンフィデンスマンJP』
フジテレビ系
第4話 4月30日(月)午後9時~9時54分

<キャスト>
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世 他
第4話ゲスト:佐野史郎、近藤公園、伊吹吾郎

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える