• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

出会って4時間!?『リアルカイジGP』お題“この場で婚姻届”クリアの猛者現る

『リアルカイジGP』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、賞金1億円をかけたリアル人生逆転リアリティーショウ『リアルカイジGP(グランプリ)』#2が4月22日に放送された。

 この番組は、福本伸行による大人気漫画「カイジ」シリーズを基にした番組オリジナルゲームに挑戦し、全てに勝利した参加者1名が業界最高賞金となる1億円を手にすることができるリアル人生逆転リアリティーショウ。

 4月22日の放送では、前回に続いて書類選考を通過した約2000人が、東京予選で出題されたゲーム“先着ムチャぶり地獄”に挑んだ様子を放送。自分のカツラを自ら人前で取る“セルフカツラ脱ぎ”や、眉毛を全部剃り落とし、落選するまで剃り続ける“眉シェービング”といった新たな“ムチャぶり”お題が続々と発表される中、男女ペア限定で、この場で婚姻届にサインし、入籍したらクリアとなる“この場で婚姻届”という衝撃的なお題が登場。会場からは「え~!?」というどよめきが起こり、会場にいた極楽とんぼの山本圭壱も「これは無理だよ」と、思わず顔をしかめた。

 10組という予想以上の組数が集まる中、最初に並んだ25歳の男性と20歳の女性がステージに登場し、原口あきまさが「出会ってどれくらいですか?」と質問すると、2人は「4時間です、今日出会いました」と答え、さらに会場を驚かせた。

 1億円を獲得するために、4時間前に出会った相手と結婚を決意した2人に対し、MCの加藤浩次は「いいのかそれで?その自信の意味が分かんないよ」とコメントし、「“愛”と“1億”どっちが重いのよ?」と質問すると、2人ともが「愛です」と答え、そのまま婚姻届を記入。『リアルカイジGP』がきっかけとなり、誕生した“カイジ婚”カップルに、会場からは自然と拍手が起こった。

 その後も、さまざまなお題が発表される中、すっぽんぽんで懸垂を5回成功させる“すっぽんぽん懸垂”を見事成功させた元スノーボーダー・成田童夢や、“以心伝心クイズ”に挑戦した山本圭壱、そして加藤紗里も予選をクリアし、見事第2ラウンドへ駒を進めた。

 落選するまでの期間、人に素顔を見られなければ鉄仮面を外しても良いというルールの“落選するまで鉄仮面”では、バーで働く30歳の男性が「自分のお店を開きたい」という夢をかなえるために挑戦。外出や仕事をするときは“鉄仮面”を被らなければいけないものの、その男性は、自宅での入浴や食事といった普段の生活でも装着し続け、この“鉄仮面”生活を楽しんでいる様子を見せた。

 番組の後半では、視聴者にも1億円が当たる「見てるだけで1億円 運極ルーレット」を実施。生放送に平成ノブシコブシの2人と、視聴者からの電話を受ける“億リスト”として歌手や声優としても活躍するPile(パイル)が登場した。

「私は結構現実的なので、マンション買って貯金します」と1億円の使い道を明かしたPileと電話がつながったのは、大阪在住で教育関係の仕事をする男性。1億円の使い道に対し「自分の塾を作りたい」と語り、成功率約50%のファーストチャレンジに成功。セカンドチャレンジに進んだものの、1の位を外してしまい、そこで敗退となった。

 4月29日(日)放送回の「見てるだけで1億円 運極ルーレット」では、“億リスト”に卒業を間近に控えるアイドルグループ・NMB48の市川美織が生登場する。

AbemaTV『リアルカイジGP(グランプリ)』
放送日程:毎週日曜 後10時~11時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:加藤浩次(極楽とんぼ)
出演者:1億円を手にして人生を逆転したいと思う挑戦者たち

過去放送URL:https://abema.tv/video/title/90-977
番組公式サイト:https://special-kaiji.abema.tv/

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える