• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢部浩之「初めてめちゃイケ終了を実感したかも」情報ドキュメンタリー番組MCに初挑戦

『目撃!超逆転スクープ 世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP』 土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ 世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP』(フジテレビ系)が5月5日(土)後9・00より放送。放送に先駆け、MCを務める矢部浩之が囲み取材に応じた。

 番組では世界で起きた犯罪史に残る凶悪事件から、ドラマのような劇的状況によって生まれた大逆転ストーリーを紹介。今回、情報ドキュメンタリー番組での初MCを務める矢部は「『めちゃイケ』が終わる、でも家族を食べさせていかなきゃいけないなとは思っていて(笑)。そんな時、吉本の社長との食事の場で聞かれた『これからどんなことをやりたい?』という質問に答えたものの1つが、結果としてこの番組でした」と念願かなっての番組MCであったことを明かした。

 収録については「番組のテーマや趣旨、スタジオのセットがこれまでのバラエティ番組とは違い、今までにない感じだなと思いました。自然体でやることができて、好きな収録の仕方でしたね」と。しかしこの収録で感じたことはこれだけではなかったようで「変な感じもしましたよ。クロークに行ったら『めちゃイケ』のスタッフがいるのかなとか思ったり。当たり前ですけど、誰もいなくて(笑)。だから初めて『めちゃイケ』が終わったことを実感したかもしれないです」と、3月末で終了した『めちゃ×2イケてるッ!』への思いを明かした。

 いっぽうで“『めちゃイケ』ロス”については「それを感じているのは僕より相方じゃないでしょうか。なかなかだと思うんですよ、番組中に『青春でした』って泣くのは(笑)」と最終回の名シーンを振り返り、笑いを誘った。

 さらに矢部は「僕は今後やりたいことの1つとして『ナイナイでやるお笑い番組』も挙げました。相方のほうが、そういう『これがナインティナインだ』『お笑いやってます』っていう番組が必要だと思うので」と語り、「でも個人的なお仕事についてのお話の方がした気がします。今はそっちへの思いの方が強いのかな、そんな時期なのかなって。それぞれのピンでの番組は僕もやっていたら見ますけど、岡村さんはきっと性格的にチェックするんでしょうね。で僕には言わず、絡んだときにチクチク出してくるタイプです、きっと(笑)。ただそういうそれぞれピンでもやっているからこその話もこれからしていけたら」と今後のナインティナインとしての展望や相方・岡村隆史との関係性も明かした。

 土曜プレミアム『目撃!超逆転スクープ 世紀の誘拐事件&奇跡の生還SP』は、5月5日(土)後9・00より放送。矢部のほか、出川哲朗、小島瑠璃子らも出演する。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える