• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

生田斗真「賛否両論起こると思います」映画「友罪」完成披露試写会

168847_01_R 5月25日公開の映画「友罪」の完成披露試写会が都内で行われ、生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市、瀬々敬久監督が舞台あいさつに登壇した。

 生田は「はっきり言って問題作です。賛否両論も起こると思います」とあいさつ。いっぽう、瑛太は「衣装合わせの時、監督にお会いしたら『僕が俳優だったらこの役は受けないけどね』と言われました」と少年犯罪を犯した罪を背負い生きる役への瀬々監督の一言に観客からも驚きの声が。

 瀬々監督が出演者の演技に嗚咽するほど涙して撮影していたという話などが出演者から飛び出し、瀬々監督作初出演となった夏帆は「瀬々組、すごいなと思いました」と撮影現場を懐かしく語っていた。

 最後に生田は「とてつもない覚悟をもって臨んだ作品です。エンターテインメントを生業にしている者の使命を感じながら撮影しました。この思いが少しでも届いたらいいと思います」と。瑛太も「重厚なヒューマンサスペンスです。でも皆さん違う観点で作品を見られていて、感想もいろいろ違っていました。そういった意味でも可能性がある。ぜひ見た方は、周りの人に思いを伝えていただけたら」とメッセージを送った。

映画「友罪」
5月25日(金)全国公開

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える