• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山田孝之が長澤まさみ主演『コンフィデンスマンJP』第5話にカメオ出演

『コンフィデンスマンJP』 長澤まさみ主演の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』第5話(5月7日放送)にかたせ梨乃、永井大、正名僕蔵、山田孝之がゲスト出演することが分かった。

 本作は、信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる物語。脚本は古沢良太。

 第5話「スーパードクター編」でかたせ梨乃が演じるのは、若いころに芸能界で活躍した元モデルで、開業医と結婚し玉のこしに乗った野々宮ナンシー。ナンシーは夫を亡くした後、野々宮総合病院理事長として病院の経営を引き継ぎ、モデル時代に培った知名度とイメージ戦略で患者を集め、大成功を収めている。

 野々宮総合病院のスーパードクターとしてメディアにも取り上げられるほど注目を集めているのは、ナンシーの息子でもある野々宮新琉(永井大)。外科医の新琉は、卓越したオペ技術で困難な手術を次々と成功させていたが、実際に手術を行っていたのは田淵安晴(正名僕蔵)。田淵は、あまりの理不尽な扱いと薄給に耐えきれず、他の病院に移ろうとするが、それを聞いて激怒したナンシーは、ありもしない医療過誤を数々でっち上げ、田淵を医学界から締め出す。虫垂炎で入院したリチャード(小日向)が、田淵に執刀された縁があり、ダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャードは、ナンシーをターゲットに定める。

 また、第5話では、サプライズゲストとして山田孝之も出演。山田は、映画「50回目のファーストキス」(6月1日(金)公開)で、長澤と共演した縁でカメオ出演。山田は番組後半で、物語のカギを握るジョージ松原として登場する。

<第5話あらすじ>
ダー子(長澤まさみ)たちは、野々宮総合病院理事長の野々宮ナンシー(かたせ梨乃)を新たなターゲットにする。虫垂炎を起こしたリチャード(小日向文世)の手術を担当した同病院の外科医・田淵安晴(正名僕蔵)を、ナンシーがクビにしたのがきっかけだった。

芸能界で活躍した元モデルのナンシーは、開業医と玉のこし婚。夫亡き後は病院の経営を引き継ぎ、知名度とイメージ戦略を駆使して成功を収めていた。その中心にいるのが、ナンシーの息子でもある外科医の新琉(永井大)だった。新琉は、困難な手術を次々と成功させ、若きスーパードクターとしてマスコミからも注目されていた。だが、実は新琉の功績のほとんどはオペチームの他の医師によるもので、中でも特に難しい手術を手がけていたのが田淵だった。ナンシーは、薄給に耐えかねて他の病院に移ろうとした田淵に激怒し、医療過誤をでっち上げて彼を医学界から締め出したのだ。

ナンシーたちが必死になって田淵の後任を探していると読んだダー子は、ボストンの名医の指導を受けたという触れ込みでボクちゃん(東出昌大)を売り込む。ボクちゃんは、ナンシーがゴルフレッスン中に腰を痛めたという情報をもとに、精密検査を受けるよう持ちかけ……。

<かたせ梨乃 コメント>
◆今回は、詐欺師のターゲットになる悪役を演じられました。

「この役は真面目に演じれば演じるほど、ターゲットとしては手ごわい相手になると思っていて、戦う相手として見たら、とにかくやりづらい嫌な相手になるように頑張っています(笑)。どうやって、この相手からお金を奪えばいいんだろうと思わせたいですね。(お芝居で)遊んだりとかは一切せずに、真面目にただただこの悪い人の人生を、一生懸命に演じることを心がけました」

◆脚本を読まれた感想は?

「脚本上だけではなく、それを立体的にしていく作業がすごく面白くて、セリフを覚えてから一人で稽古するのも、現場でみんなとセリフのキャッチボールするのもすごく楽しい脚本ですね」

◆演じられた「野々宮ナンシー」について。

「悪いなりに一生懸命生きている人で、彼女はまったく悪いと思っていなくて、一生懸命生きている結果が悪い人になっちゃっただけなんですよね(笑)。“人生一発逆転”でやってきた人です。変わっているというか、欲望に素直な人ですね。それでも理事長であり、母親であり、仕事をしてきて信頼されている部分はあるはずなので、回想シーンとかは一切ないんですが、現在の彼女を演じながらも、その中に出世欲とか生き様とか、彼女がこれまでに積み重ねてきた人間性みたいなものが出せたら面白いかなと思っています」

◆共演された長澤まさみさんについて。

「前回共演したドラマ(スペシャルドラマ『君に捧げるエンブレム』(2017年1月/フジテレビ系)は、とてもシリアスなお芝居でしたが、今回は打って変わって思いっきり突き抜けたようなところから始まっているので、声のトーンも、お芝居のトーンも全く違っていて面白かったですね。こういうタッチのドラマの方が彼女には近い感じがします。楽しんで演じていらっしゃるのが伝わってきました」

◆『コンフィデンスマンJP』を、楽しみにされているファンへのメッセージ

「見る前からこれはどんなドラマなんだろうとか、あまり構えたり想像し過ぎたりしないで、ドラマが始まったら素直に流れに身を任せて見ていただきたいです。そうすれば1時間楽しむことができるドラマだと思います。あまり考えたりせず、あるがままを見ていただければ、理屈抜きで楽しんでいただけると思いますね」

『コンフィデンスマンJP』
フジテレビ系
第5話 5月7日(月)午後9時~9時54分

<キャスト>
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世 他
第5話ゲスト:かたせ梨乃、永井大、正名僕蔵、山田孝之

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/confidenceman_jp/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える