• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

GENERATIONSとE-girlsが“ほうれん草ゲーム”で大爆笑

『GENERATIONS高校TV』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『GENERATIONS高校TV』#50が4月29日に放送された。

 4月29日は、前回に引き続き、「最近『GENE高』がたるんでるんじゃないかと思って」と、番組に乱入してきた私立E高を名乗るE-girlsのメンバーとさまざまな競技で5番勝負を繰り広げた。

 『GENE高』といえば移動中に行うゲームということで、学校へ移動する車内では、GENERATIONSとE-girlsのメンバーが普段高校生たちが休み時間にやっている“ドレミの歌ゲーム”や“モッツァレラチーズゲーム”に挑戦。

 E-girlsのメンバーが提案した“ほうれん草ゲーム”では、GENERATIONSメンバーが“ほうれん草”を、“チンゲン菜”や“ほうれい線”に言い換える様子に車内は大爆笑。大盛り上がりでゲームを楽しんだ。

 部活動が盛んな多摩大学付属聖ヶ丘高等学校に到着した一同は、校長先生の案内でグラウンドにいるサッカー部の元へ。「あいさつがてらに“ノールックシュート”見せてよ」と、メンバーたちから提案された数原龍友は、校内で一番キーパーがうまい生徒を相手に、ノールックシュートを披露。しかし、勢いよく蹴ったボールはゴールとは全く違う方向に飛んでいき、カッコよくゴールを決められなかった数原は「ウォーミングアップ大事やな」とコメントし、笑いを誘った。そして、E-girlsからは須田アンナが挑戦。須田が見せたかわいいキックに、視聴者からは「かわいすぎ」などのコメントが寄せられた。

 その後、体育館に移動した一同は、どちらのチームが早く3人連続でゴールを決められるかを競う“フリースロー対決”を実施。最初の挑戦では、GENERATIONSが21秒、E-girls が29秒で、GENERATIONSが勝利。泣きの1戦でもGENERATIONSがノーミスの6秒という好タイムを叩き出し、完全勝利となった。

 各チームの代表者が、生徒とラリーをして長く続けられた方が勝利となる“バドミントンラリー対決”では、GENERATIONSから数原、E-girlsから佐藤晴美が代表として登場。ラケットの網を“網タイツ”に例え「この網タイツが破れるくらいの強いスマッシュを打ちます」と、意気込みを語った数原の記録は11回。対する佐藤も「叩きのめしに来た気持ちを網タイツにぶつけます」と挑戦し、数原の倍以上となる35回という好記録でE-girlsの勝利となった。

 残りの3戦の模様は、次週5月6日(日)後9時から放送される。

AbemaTV『GENERATIONS高校TV』#50
放送日時:4月29日(日)後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

出演者:GENERATIONS from EXILE TRIBE

過去放送URL(Abemaビデオ):https://abema.tv/video/title/90-493
※過去の放送は「Abemaビデオ」で無料で視聴可能。

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える