• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

あの“猿将軍”は永瀬正敏だった!「パンク侍、斬られて候」

170335_01 主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍で町田康の傑作小説を実写映画化した「パンク侍、斬られて候」で、これまで謎に包まれていた“将軍の格好をした猿”大臼延珍役を永瀬正敏が演じていることが分かった。さらに、主題歌がセックス・ピストルズ「アナーキー・イン・ザ・ U.K.」に決定した。

続きを読む