• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

矢口真里「超ド級のやつきた」ミスマガジン候補の悩殺ポーズに大興奮

矢口真里

 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『矢口真里の火曜The NIGHT』#105が5月8日に生放送された。

 5月8日は、7年ぶりに復活を果たした「ミスマガジン2018」とのコラボ企画として、「ミスマガジン2018」のベスト16に選ばれたメンバーから、えのきさりな、新木さくら、鈴木ゆうは、岡田佑里乃、後藤さり、杉本美穂、緒方もも、満原史絵里、池松愛理、川津明日香、農海姫夏の11人が水着でスタジオに登場。さらに、ミスマガジンのスペシャルアンバサダーを務める小倉優香も登場し、「(ミスマガジンは)いろんな大人の方の熱視線が集まっていると思うので、ここで誰かにチャンスをつかんでほしい」とエールを送った。

 小倉のスリーサイズを知った矢口真里は、「すごいスタイルいい!『リアル峰不二子と称される…』って書いてある」と驚き、元巨匠の岡野陽一に「ちなみに矢口さんは上から…」と質問されると、すかさず「言えねえよ!」とツッコみつつ、「ほぼ変わらない。(上から下まで)数字は一緒」と答え、スタジオの笑いを誘った。

 スタジオに登場した11人は、1人ずつ20秒間の自己アピールを行うことに。岡田はモーニング娘。好きをアピールし、小野妹子の子孫であるえのきは自分の名前を手話で表現、九州発のアイドルグループ・LinQのセンターを務める新木は「これに受かってLinQをいろんな人に知ってもらいたい」と、意気込みを明かした。

 個性的な自己アピールが続く中、「マニュアル車を運転することが好き」と語ったアイドルグループ・ラストアイドルのセカンドユニット・Good Tearsのリーダー・池松の順番では、ラストアイドルのオーディション方法の話題に。岡野が「(審査員は)吉田豪さんとかだよね?」と質問すると、池田は「そうです。多分メンバーみんな嫌いですね」と答え、「吉田豪さんに選ばれた人もいるけど、みんなの予想の逆をいくんですよ。だから『きたよきたよ』みたいな感じ」と説明。最後に「なんかすいません吉田豪さん」とカメラ目線で謝る池田の様子にスタジオは爆笑に包まれた。

 その後行われた“悩殺ポーズ審査”では、自分で考えたとっておきのポーズを披露。モデルの杉本は“横おいで”というタイトルを発表し、横になりながら「一緒に寝る?」と決めポーズ。このパフォーマンスにスタジオは大いに盛り上がり、矢口は「え~マジ!?超ド級のやつきた」、岡野も「寝るよ!これはすごい」と驚きを見せた。

AbemaTV『矢口真里の火曜The NIGHT』#105 特別企画ミスマガジン水着で大集合SP
放送日時:5月8日(火)深夜1時~3時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

過去放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/EoLUQGYLdR9mQT

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える