• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

GLIM SPANKY、『警視庁・捜査一課長』に再びゲスト出演!内藤剛志も絶賛

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 内藤剛志が主演するテレビ朝日系『警視庁・捜査一課長 season3』((木)後8・00)の第6話(5月17日放送)に、主題歌「All Of Us」を歌うGLIM SPANKYの松尾レミと亀本寛貴がゲスト出演することが分かった。

 GLIM SPANKYは昨年の『season2』でも主題歌「美しい棘」を担当。通行人役でドラマ初出演も果たした。今回は、ストリートミュージシャンの宇多子と義太雄役で終盤に登場。大岩捜査一課長(内藤)と小山田管理官(金田明夫)からの聞き込みを受け、犯人を決定づける重要な証言をもたらす。

 2度目の現場とあって、リラックスした様子で撮影はスタート。アコースティックギターを手に路上で「All Of Us」を歌うシーンもあり、「全力でいきます!」と宣言すると、リハーサルから本番まで何度もパワフルに熱唱。“本気度”が漂う圧巻のパフォーマンスに、キャスト・スタッフからは感動の拍手が送られた。

 撮影を終えて、松尾は「劇中で路上ライブを披露しているので、ライブとしてもぜひ楽しんでほしいですね。いいコラボレーションになっている“画(え)”を見ていただきたいな」、亀本は「アコースティックギター2人で生々しくライブをしたので、その演奏を聴いていただけたらうれしいですね」とアピール。

 もともとGLIM SPANKYファンだった内藤は「この2人は、どんなときも本気なんですよね」と絶賛。「ドラマでは一瞬のシーンですが、レミちゃんは本気で歌っていました。彼らの思いを視聴者の皆さんにぜひ見てもらいたいですし、僕も大いに刺激を受けました」と言い、最後はガッチリ握手を交わした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真