• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジョージ・ルーカス、マーク・ハミルらの登場にファン歓喜「ハン・ソロ」Wプレミア

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のワールド・プレミアが、米ハリウッドで現地時間5月10日に開催。ロン・ハワード監督をはじめ、“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル、オビ=ワン・ケノービを演じたユアン・マクレガー、シリーズの生みの親ジョージ・ルーカスらが登場した。

 ワールド・プレミアの会場となったのは、ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアター、エル・キャピタン、ドルビー・シアターの3劇場。会場前には約400メートルの長いレッドカーペットが敷かれ、ほぼ実物大のミレニアム・ファルコンが飾られるなど、「スター・ウォーズ」の世界に入り込んだかのような装飾で彩られた。

 そんなレッドカーペットに若きハン・ソロを演じたオールデン・エアエンライクやチューバッカ、謎の美女キーラ役のエミリア・クラーク、ロン・ハワード監督ら豪華キャスト陣が集合。オールデン・エアエンライクは「数年間ずっと取り組んできたこの作品を、ついにファンのみんなに見てもらえてとても素晴らしい気分だよ!」と大興奮。本作について「チューバッカと一緒にいろいろなシーンを演じて本当に最高だった。それにキャストやクルーが信じられないほど素晴らしい才能にあふれていて、彼らと一緒に作り上げられたことがとてもうれしいよ」とコメントした。

 ハン・ソロの幼なじみで謎の美女キーラを演じたエミリア・クラークは、美しい金髪に肩出しのセクシーな赤いドレスに身を包んで登場。キーラについて「キーラはとてもミステリアスだから、彼女から目を離さないでね。何をしようとしているのか、しっかり見張っておくべきなの。でもキーラはすごくかっこ良いし、ハン・ソロのことをよく知っている重要なキャラクターよ」と明かした。

 そして、SWシリーズ生みの親であるジョージ・ルーカスと“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルもレッドカーペットに登場。オールデン・エアエンライクとジョージ・ルーカスが肩を組むと、会場からは大きな歓声と拍手が沸き起こった。

<コメント>
■オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ役)
◇ワールド・プレミアの盛り上がりを見ていかがでしたか?
「最高だね。ワクワクするよ。数年間ずっと取り組んできたこの作品を、こうしてようやくファンのみんなに見てもらえるなんて、素晴らしい気分だよ」

◇作品に出演した感想
「とにかく素晴らしいんだ。チューバッカと一緒にいろいろなシーンを演じたことも、すべて本当に最高だったし、自分が『スター・ウォーズ』の世界の一部になれたんだって身に染みて感じられた。それに、チューバッカを演じたヨーナス・スオタモは本当に面白いんだ。本当に素晴らしかったね。僕らはとても素晴らしい時間を過ごしたよ」

◇「スター・ウォーズ」作品に出演してみて
「とにかくキャストとクルーが最高だった。僕と一緒に本作を作った人々、この作品を作った今回の『スター・ウォーズ』集団は、ものすごく信じられないほど素晴らしい才能にあふれている、とても興味深い人々の集まりなんだ。そんな彼らと一緒にこれを体験できたことが本当に最高だったね。それにしても楽しいね。僕の姪も甥もみんな今日はここに来ているんだけど、それにも興奮するよ!彼らは一生に一度の思いを楽しんでいるんだ」

■エミリア・クラーク(キーラ役)
◇ワールド・プレミアの盛り上がりを見ていかがでしたか?
「すごく最高よ!この日を迎えられてとても嬉しくて興奮しているわ!」

◇謎に包まれているキーラについて
「キーラはとてもミステリアスだから、彼女から目を離さないでね。何をしようとしているのか、しっかり見張っておくべきなの。でもキーラはすごくかっこ良いし、ハン・ソロのことをよく知っている重要なキャラクターよ」

◇日本のSWファンへのメッセージ
「日本の皆さんこんにちは!この映画を楽しんでくれたらとてもうれしいわ」

■ロン・ハワード監督
◇ワールド・プレミアの盛り上がりを見ていかがでしたか?
「楽しさがすべて、そしてファンの皆さんがすべてだから、この映画は理にかなったものになっているね。今晩私たちは、ついにこれをファンの皆さんと分かち合うことができる。それは私がずっと以前から待っていた瞬間だから、今日はかなり気合が入っているよ」

◇脚本について
「この作品はローレンス・カスダンが死ぬほど書きたがっていたストーリーなんだ。これは彼が書いた4本目の『スター・ウォーズ』映画に当たるけれど、そんな彼が以前から死ぬほど書きたがっていたのが、この作品なんだ。ディズニーがルーカスフィルムを傘下に入れたのよりもずっと以前からね。このストーリーは、あのアイコン的で最高なキャラクターについて人々がすでに知っているあらゆることを利用しながら、それでもなお観客を驚かせるという、ファンに胸を張れるストーリーだと彼は確信している。それだけに、私もものすごいアドベンチャー・ストーリーだと思ったし、そんな作品に参加できることに、私も本当に興奮したんだ」

◇作品について
「予想がつかない展開に加えて、派手なアクションやユーモアもあり、ドラマチックな人間関係もある。私がそうだろうなと思っているところで観客が笑う声を聞くのが今から待ちきれないよ。それに、観客が若き日のハン・ソロの冒険を共にしてくれること、ハン・ソロになっていくアドベンチャーを共にしてくれることが、本当に待ちきれないんだ。とにかく、観客の皆さんが驚けるサプライズがたくさんあるはずだよ」

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
6月29日(金) 全国公開

監督:ロン・ハワード
製作:キャスリーン・ケネディ

出演:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)/ウッディ・ハレルソン(ベケット)/エミリア・クラーク(キーラ)/ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)/ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える