• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野村真美、『イチから住』での静岡移住生活が最終回!新たな移住者はあの朝ドラヒロイン

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 テレビ朝日系『イチから住~前略、移住しました~』((日)後6・30)の5月20日放送で、野村真美の「静岡・三島篇」が最終回を迎える。

 3月4日から放送が始まった「静岡・三島篇」篇では、野村が同市に移住。薪ストーブ付きの一軒家で暮らし、野菜の直売所でアルバイトをしながら地元の人々と交流を深め、郷土料理をはじめとする地元の文化にも触れてきた。

 最終回では、直売所の仕事を通じて仲良くなった農家の女性に誘われ、富士山の伏流水を使った水まんじゅうを絶景の中で堪能。脱サラして東京から移住してきた生産者夫婦に野菜たっぷりのアイデア料理もご馳走になり、ラストは三島で過ごしたかけがえのない時間に思いを馳せる。

 約3か月の移住生活を終えた野村は「三島は人、気候、水、野菜…すべてが素晴らしく、忘れることのできない時間を過ごすことができました」と充実した様子。特に野菜には興味をかきたてられたようで、「野菜はもとから好きでしたが、三島では野菜の素晴らしさ、かわいらしさ、そしてその息吹を全身で感じることができました。野菜のマイスターの資格を取ろうかなと思って調べているぐらい、自分の人生をさらに豊かに広げてくれました」と振り返った。

 さらに「穏やかな流れの中で生活することは、これまで頑張って生きてきた自分へのご褒美のような時間。今後、そんな生き方を選択するかもしれない、という可能性が大になりました!」と、将来的な移住生活も視野に入れて語っている。

 なお、この日の放送では新たな移住者となる“朝ドラヒロイン”を解禁。6月3日放送からスタートする「長野・白馬篇」で移住生活に挑む。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真