• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

関西ジャニーズJr.西畑大吾がカンテレドラマ初出演!“絶食男子”役に「僕はロールキャベツでいたい男子(笑)」

大阪環状線

 カンテレで放送される1話完結のオムニバスドラマ『大阪環状線Part4 ひと駅ごとのスマイル』(10月スタート)のマスコットキャラクターとして、関西ジャニーズJr.の西畑大吾が出演することが分かった。

 本作は環状線各駅を舞台に、“大笑い”から“泣き笑い”まで、恋愛・友情・家族愛などさまざまな人間ドラマを描く人気シリーズ。今回は新今宮駅、大阪駅、森ノ宮駅、西九条駅、鶴橋駅、桜ノ宮駅、野田駅、今宮駅、天満駅の9駅に特別編を加えた全10話で、西畑は全編を通じて登場する。

 西畑が演じるのは、大阪に住む19歳の大学生・水澤つるぎ。天満駅編と特別編で主演し、他の全ての駅でも出演してドラマの世界観を盛り上げる。「つるぎ君は、恋に奥手で今どきの絶食系男子(笑)。僕はこれまで時代物のドラマで基本的に坊主の役が多かったので、普通の大学生役はすごく新鮮です」と笑顔で語った西畑。「僕も今は絶食ですけど、ロールキャベツでいたい男子(笑)。頼まれたことは忠実にしたいって思うところも似てますね」と自身を分析した。

 もともとこのドラマが好きで「いつか出たいなと思っていた」という西畑。それだけにマスコットキャラクターだと聞いた時は驚いたというが、「マスコットぐらいかわいいってことでいいのかなと(笑)。今回初めてカンテレさんのドラマに出演することになり、ジャニーズ事務所に入った14歳のころからお世話になっていて、どこかで恩返ししたいなと思っていたので機会をもらえてうれしいです」と意気込みを。

 メインとして出演する天満駅編と特別編は宇崎竜童のW主演。「本当におじいちゃんと孫のような関係性でした。感情的になるシーンは、宇崎さんが僕の予想以上に感情的な演技をされていたので、“僕も応えないと!”と。すごく胸に刺さりましたし、グサッときた中にも温かみがあったので、そのシーンはぜひ見ていただきたいです」と見どころを語った。

 放送はカンテレにて2018年10~12月。西畑主演の天満駅編「差出人のない手紙は9、10話の予定。

©カンテレ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える