• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Hey! Say! JUMPが宮城県を応援!宮城出身の八乙女光「皆さんが笑顔になれるように」

Hey!Say!JUMP Hey!Say!JUMPが宮城県の共同観光キャンペーンキャラクターに就任。宮城県知事・村井嘉浩と記者発表会に出席した。

 このキャンペーンは、宮城県出身である八乙女光の震災復興への熱い思い、そして仲間のメンバーと一緒に宮城県を応援したいという思いから実現。八乙女はキャンペーンキャラクター就任について「とてもうれしいです。震災のときはもちろん、今も不安な思いをしている方々がたくさんいる。僕らも宮城県を応援したいと思っていたので、全国に向けて宮城県の情報を発信して、たくさんの方が宮城県に集まり、宮城県の方々の心が明るくなってくれたらうれしいなと思います」と意気込んだ。

 会見では八乙女以外のメンバーが4組に分かれ、宮城県の4つのエリアの魅力を伝えるプレゼン大会を実施。山田涼介&知念侑李は三陸エリア、高木雄也&伊野尾慧は仙台・松島エリア、有岡大貴&岡本圭人は県北エリア、薮宏太&中島裕翔は県南エリアの観光スポットやグルメをそれぞれプレゼンした。新鮮な南三陸の海の幸がのった“南三陸キラキラ丼”を紹介し、「何がすいごいかって、旬のネタを使うから季節によって違うから何度も楽しめる。5月は僕が一番好きなウニです!特上のウニがたくさんのったウニ丼を食べていただければ」(山田)とアピールした山田&知念チームが勝利し、村井知事から宮城県の新米“だて正夢”がプレゼントされた。

 また、プレゼンの間には八乙女が宮城県の方言クイズを出題。「あづいから、しゃっこいの、あがいん(あついから、冷たいもの、召し上がれ)」、「ほだなさすけねえ(そんなこと気にしない)」「今日はまんついっぺしごとしたがら、あぐどいでくてわがんね(今日はいっぱい仕事をしたからかかとが痛くてしょうがない)」など宮城弁を披露。聞きなれない言葉に苦戦する8人に八乙女や村井知事がジェスチャーなどでヒントを出し、高木、中島、薮、山田が正解した。

 最後にメンバーを代表して八乙女が「宮城県には楽しい所がいっぱいあります。これからも、もっともっと皆さんが笑顔になれるように頑張りますので、ぜひ皆さん宮城県に遊びにきてください!」とメッセージを送った。

「Hey!Say!JUMP 夏タビ宮城」ガイドブックが5月24日(木)より、宮城県関連施設や東京・池袋「宮城ふるさとプラザ」などで配布開始。さらに、5月24日から9月30日まで宮城県内にてスマホスタンプラリーが実施される。

「Hay!Say!JUMP 夏タビ宮城」公式サイト:https://heysayjumpmiyagi.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える