• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香取慎吾、初個展をルーブル美術館で開催!「僕のアート脳が爆発しています」

香取慎吾 香取慎吾が、日仏友好160年を記念した日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018:響きあう魂」の「公式企画」として、パリ・ルーブル美術館“シャルル5世ホール”で初の個展となる展覧会を開催することが決定。また、「ジャポニスム 2018」全体の広報大使に任命されることも決定し、2018年7月~2019年2月まで、日本・フランス両国でさまざまな広報活動を展開する。

 自身初の展覧会がルーブル美術館で開催されることについて、香取は「アートにゴールはないと思い続け、描き続けている僕ですが、目指すゴールと言ってもおかしくないルーブル美術館でスタートできることに、僕のアート脳が爆発しています。たくさんの人に僕を感じてもらいたいです」とコメント。さらに広報大使に決定したことについても「僕の大好きなフランスと日本の“響きあう魂”をパリで世界中の方々に体感してもらえたらうれしいです!」と喜びを語った。

 また今回の決定について、事務局を務める国際交流基金の安藤裕康理事長は「香取慎吾さんは歌手、俳優といった活動にとどまらず、アーティストとして壁画、オブジェ、絵画、さらには自身のSNSなど幅広いメディアを通じ常に表現活動を続け、その姿はあらゆる世代から大きな反響を受けています。(中略)香取さんの何ものにもとらわれない自由な作風、突破力を伴う作品をフランスの皆様にお楽しみいただくとともに、香取さんの広報大使としてのご活躍を期待しています」と説明。日本財団パラリンピックサポートセンターの壁画制作をはじめ、5月26、27日に東京・六本木で開催された「六本木アートナイト2018」での、自身がブランド・フレンドを務めるBMW X2のラッピング・カーの制作、さらに6月24日(日)まで東京・帝国ホテルプラザ1階で開催中のアートギャラリー「NAKAMA de ART」での若手アーティストたちとのアート制作など、香取の精力的な芸術活動が実を結んだ形だ。

「ジャポニスム2018」は、日仏両政府の協力により、これまでにない質・規模の事業を、ルーブル美術館はじめ、パリ内外の100近くの会場にて約8か月間にわたって実施。縄文文化から伊藤若冲、琳派、そして最新のメディア・アート、アニメ、マンガまで、さらには歌舞伎から現代演劇や初音ミクまで、日本文化の多様性に富んだ魅力を紹介すると同時に、食や祭りなど日本人の日常生活に根差した文化をテーマにした交流イベントも開催される。

「ジャポニスム2018 公式企画 香取慎吾 ルーブル美術館」展覧会概要
タイトル:NAKAMA des ARTS
展示内容: 「アートを題材にしてNAKAMAとつながりたい」というコンセプトのもと、絵画、オブジェだけでなく、香取の好きなファッション、そして「新しい建築」とのコラボレーションを紹介。
展示期間:2018年9月19日(水)~10月3日(水)
展示場所:フランス・ルーブル美術館内 CharlesⅤ hall シャルル5世ホールにて
主催:(株)モボ・モガ
共催:国際交流基金
開催:ルーブル美術館

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える