• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

堺雅人が天才医師役!「ドラマW パンドラ」最新シリーズに登場

 脚本家・井上由美子と監督・河毛俊作がタッグを組み、各界から注目を集める「ドラマW」の中でも人気シリーズの「パンドラ」。その第4弾となる最新作の放送が発表された。革命的な発明により、“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描くオリジナルドラマのシリーズ。主演は堺雅人。放送は4月27日(日)後10・00からWOWOWプライム「ドラマWスペシャル パンドラ~永遠の命~」。

 三上博史主演の「パンドラ」(2008年放送)では、がんを滅ぼす特効薬を、佐藤浩市主演の「パンドラⅡ 飢餓列島」(2010年放送)では飢餓を救う食物を、江口洋介主演の「パンドラⅢ 革命前夜」(2011年放送)では自殺を防止する薬をテーマに扱ってきた人気シリーズ。

 今回は“クローン技術”がテーマ。革新的な発明によりクローン人間が誕生する。ヒトは永遠の命を手にできるのか? 命の尊厳は? 謎の殺人事件を軸に、大物政治家の野望、医学界の思惑が複雑に絡み合っていくサスペンス大作。

 優れた医学者にして天才医師である主人公を演じるのは堺雅人。ほかに尾野真千子、高橋克実と豪華俳優陣がキャスティングされている。

<ストーリー>
 優秀な医学者・鈴木元(堺雅人)は、クローン技術の革新的な発見をする。だが倫理上の問題から上司の榊原道隆(伊武雅刀)から反対を受け衝突、大学の研究室を追われることに。7年後、地方の医者となっていた鈴木は、探偵を使って探していた田代めぐみ(伊藤歩)が遺体で見つかったことを知る。彼女には6歳の息子・新児(髙橋來)がおり、奔放なめぐみとは10年近く音信不通だった妹のなつみ(尾野真千子)が引き取ることに。
 突然現われた姉の息子との生活になじめず、経済的な事情もあり、なつみは病院で出会った父親を名乗る鈴木に新児を預ける。だが、鈴木の新児への執着に違和感を覚え、なつみも同行を決意。一方、めぐみの死は他殺と思われ、捜査一課の警部補・黒岩忠嗣(高橋克実)も鈴木に着目する。鈴木に関する聴取で黒岩と面会した榊原は、新児の存在を知り驚愕。新児は、鈴木が発見した技術を使った“クローン人間”なのではと疑念を抱く。

脚本:井上由美子、河毛俊作
監督:河毛俊作
音楽:佐藤直紀
プロデューサー:青木泰憲、高橋萬彦
製作:WOWOW、共同テレビ
出演:堺雅人、尾野真千子、石黒賢、鈴木浩介、伊藤歩、髙橋來、郭智博、中村敦夫、伊武雅刀、高橋克実 ほか

堺雅人が「ドラマW パンドラ」最新作で天才医師役!!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える