• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アンディ・ウォシャウスキー監督「映像化不可能な原作はない」

 デヴィッド・ミッチェル著作のベストセラー小説に基づき映画化された感動巨編「クラウド アトラス」の日本公開に先駆け、本作の脚本と監督を共同で務めたラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキーの3人の監督が来日を果たし、記者会見を行った。

 映像化は困難と言われていた作品だが、映画化しようと思ったきっかけ、このようにすれば映像化できる、というビジョンはすぐに出来たのかという質問に、アンディ監督は「この質問はよく聞かれますが、映像化不可能な原作はないと答えている」と。トム監督は「私はかえってそういうことが魅力だと思う。チャレンジこそが私を惹きつけた」。ラナ監督は「不可能だからこそ撮りたいと思った」とそれぞれ話した。

 また、映画を楽しむポイントについてラナ監督は「みんなが通例や慣例を持っていると思います。そういう慣れ親しんだものは私たちは嫌いなので、新しい見方、アプローチをしようと心掛けています。構成からナレーション、俳優たちが異なる役柄を次々と演じるなど、普通とは違う作品ですが、だからと言って拒否反応を示すのではなく、心を囚われることなく見てほしい。」と話した。

 本作は、主演にトム・ハンクス、ハル・ベリー、ヒュー・グラント、スーザン・サランドン、そして「007 スカイフォール」のベン・ウィショー、ぺ・ドゥナと国際色豊かな豪華キャストが集結した超大作。圧倒的なビジュアルと世界観、すべてのジャンルを網羅するかつて見たことのない壮大な感動巨編となっている。

 映画「クラウド アトラス」は、3月15日(金)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

「クラウド アトラス」
3月15日(金)新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー
出演:トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジム・スタージェス、ペ・ドゥナ、
ベン・ウィショー、ジェームズ・ダーシー、ジョウ・シュン、キース・デヴィッド、スーザン・サランドン、ヒュー・グラント
配給:ワーナー・ブラザース映画配給
(C)2012 Warner Bros. Entertainment. All rights reserved.

「クラウド アトラス」公式サイト(http://wwws.warnerbros.co.jp/cloudatlas/)
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える