• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

L・ディカプリオ「“ウォール街のウルフ”は時代の産物」

 実在のウォール街の株式ブローカーのダイナミックな成功とセンセーショナルな破滅を描いた映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のジャパンプレミアが1月28日(火)、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演・製作を務めたレオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーティン・スコセッシ監督が登壇した。会場は640名のファンで埋まり満席、さらには約250名のマスコミが3人を迎えた。

 ディカプリオは、本作がアカデミー賞の主要5部門にノミネートされていることに対し「僕自身とても情熱を注いだ作品だから、アカデミーがこの作品を認めてくれたという事だけでも十分満足だ。この作品を作れたというだけでもう賞を取ったような気分さ!」とコメント。

 また、貯金ゼロから年収49億円を稼ぎ、“ウォール街のウルフ”と呼ばれた主人公の役については「僕の演じるキャラクターはとても下劣なキャラクターだ。この人物は時代の産物だからこそ、独創的でユニークなものにしたいと思って演じたよ」と語った。

 また、今回が初来日のジョナ・ヒルは「日本のファッションも芸術も日本食も大ファンだったから、今回の来日をすごく楽しみにしていたんだ! 博物館や美術館や京都にも行ってみたいし、次郎(すきやばし次郎)の寿司も食べたいな!」と興奮気味に答えた。

 また、ディカプリオから熱い説得を受け、本作の製作を引き受けたというスコセッシ監督は「レオも私もキャラクターを自由に表現するということにこだわっていたよ。何でもアリなキャラクターを自由に表現することで、演技の上ではさらに高いレベルを目指すことができたと思っているよ」と本作の製作へのこだわりを語った。

 最後は、客席をバックにしたフォトセッションも行われ、客席に移動中に歓声を上げるファンを自身の携帯カメラで撮影するなど、終始ご機嫌のディカプリオ。ファンの掛け声とともに大きなキャノン砲の演出で“ウルフ”カラーの金吹雪が会場内に舞い上がり、大盛り上がりで終了となった。

 映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、1月31日(金)より公開。

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
1月31日(金)より公開

※レイティング:18歳以上がご覧になれます
原題:THE WOLF OF WALL STREET
原作:ジョーダン・ベルフォート著 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(ハヤカワ・ノンフィクション)
監督:マーティン・スコセッシ
製作:マーティン・スコセッシ 、レオナルド・ディカプリオ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マシュー・マコノヒー、マーゴット・ロビー、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー
公式サイト:www.wolfofwallstreet.jp

(c) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【STORY】
学歴もコネもなし、貯金もゼロだが26歳で証券会社を設立。斬新なアイディアと一瞬で心をつかむ話術で年収49億円を稼いだ“ウォール街のウルフ”ジョーダン・ベルフォート。その栄光の果て、36歳で楽園を追放された彼の成功から破滅までの実話。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える