• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐藤健がフーテンのダメ男に!綾瀬はるか主演『義母と娘のブルース』出演決定

172789_01_ec 7月スタートのTBS火曜ドラマ『義母と娘のブルース』に佐藤健が出演することが決定した。

 原作は義母と娘の愛と成長を描く、笑って泣けるハートフルな物語で、今や入手困難といわれる幻の4コマ漫画。主演の綾瀬はるか演じるバリバリのキャリアウーマン・岩木亜希子が、娘を持つ男性・宮本良一(竹野内豊)からプロポーズをされ結婚。母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。

 佐藤が演じるのは、なかなか目標が定まらず、軸足が固まらない青年・麦田章。亜希子・良一家族に長きにわたり大きな影響と被害を与える存在で、物語の台風の目となる役どころだ。

 3年ぶりのTBS連続ドラマ出演となる佐藤は「不器用だけど、とにかく真っすぐ一生懸命に生きる登場人物たちが、とてもいとおしい魅力的なドラマです。視聴者の皆さまの背中を押せるような麦田章になれるよう全力で頑張ります」と意気込みを語った。

 さらに、良一の娘(小学生)・みゆき役には総勢277人のオーディションから選ばれた横溝菜帆、佐藤とは『ROOKIES』以来の共演になる川村陽介をはじめ、橋本真実、真凛、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未らが出演する。

『義母と娘のブルース』はTBS火曜ドラマ枠にて7月スタート。

<プロデューサー・飯田和孝コメント>
このドラマに出てくるキャラクターたちは、それぞれ形は違えど、みんなが“一生懸命”で、誰かを支え、そして支えられて生きています。一生懸命で、誠実であるからこそ、周りの人から見ると、時にその姿にくすっとしてしまう、そんな愛すべきキャラクターたちです。彼らの、何気ないけれど、温かい日常に、少しでもほっこりしていただければうれしく思います。

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』
TBS系
7月スタート
毎週火曜 後10・00~11・07

原作:桜沢鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)
脚本:森下佳子
プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵
演出:平川雄一朗、中前勇児

出演:綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、横溝菜帆、川村陽介、橋本真実、真凛、奥山佳恵、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える