• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

バカリズム、タメ口やめた小池美由に「みんなそうやって折れていく」

『必殺!バカリズム地獄』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『必殺!バカリズム地獄』♯50が、6月1日に放送された。

 この番組は“ヤンキー鬼”に扮したバカリズムが、さまざまな女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味していく1時間のレギュラー番組。

 6月1日は、ゲストにタレントの重盛さと美、グラビアアイドルの手島優、アイドルの小池美由、元乃木坂46の永島聖羅が登場した。

 オープニングトークでは、バカリズムが「あれ?敬語使うようになったんだ。小池さんは、あの感じが良かったのに。軽く呼び捨てだったりしたでしょ?それが俺は面白かった。みんな、そうやって折れていくんだよな…」と、小池に話を振ると「はい!24(歳)。もういい大人。みんな、やらないし、他人事だから言えるのよ!自分でやれないから“もっとガンガン言っちゃえよ!”とか言うんだよ」と、怒りをあらわにした。

 街行く人の「元カノの下着を大事に保管するな!」の“鬼ギレ”エピソードを受け、手島は「私は収集癖があります。好きな人が飲んだ後のペットボトルを取っておいたりだとか、かんだガムを“あげる”と言われたから、プレゼントだと思って持って帰った。今はないですよ。ちゃんと捨てました」と自身のエピソードを披露。バカリズムが「それはどのぐらいの間、持っていたの?いつ捨てたんですか?」と聞くと「フラれちゃって、3年くらい持っていました。アクセサリーボックスに入れて。かんだりはしないですよ!ちょっと手で転がすぐらい」と明かし、ゲストから「嫌だー!臭そう!」と悲鳴が上がった。

 ゲストの“鬼ギレ”したエピソードを聞いていくと、重盛は「私は、手帳を持っていないからスケジュールを覚えないんですよ。それで、いつも帰りの車の中で次の日の仕事の内容とかを聞くんです。マネージャーさんの携帯を渡されて、『重盛、これ明日の番組だから一応観ておいて』と言われて、スタートボタンを押したら、檜風呂があって、その横で男の人と女の人が…。セクシービデオだったんですよ!」と明かした。スタジオが騒然とする中、重盛は「明日の仕事と間違ってセクシービデオを観せられたのと、マネージャーさんの趣味を知ってしまったというダブルショック!(マネージャーは)50歳の人。50歳なのに、スマホを駆使しているのも腹が立つ!」と発言し、スタジオに笑いが起こった。

 その他、番組では、小池が通販サイトのモデルに“鬼ギレ”したエピソード、永島が隣の住人に“鬼ギレ”したエピソードを明かした。

AbemaTV『必殺!バカリズム地獄』♯50
放送日時:6月1日(金)後9時~10時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL チャンネル

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/FC5kZXxghmdB9h

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える